評判が気になる?エポスカード海外旅行保険のメリットは自動付帯だ!店舗に行けば即日発行も可能

エポスカード

エポスカードは若い世代を中心として、非常に多くの方から人気を集めているクレジットカードです。
主にファッションビルのマルイで使う際にお得になりますが、実はマルイ内以外でも使えるお得なサービスも多く、そのうちの一つが海外旅行保険です。

エポスカードの海外旅行保険は、無料で使えるカードの中では非常に補償内容が充実しており、よく海外へ行かれる方からも人気のカードとなっています。ここではエポスカードの海外旅行保険の条件について書いていきましょう。

エポスカードとは

まずエポスカードとは、マルイを運営する丸井グループの子会社(株式会社エポスカード)が発行体となっており、マルイ店頭でも申し込むことができます。
このカードはVisa加盟店で使うことができ、還元率だけ見れば0.5%とそれほどお得というわけではありません。しかし特定のお店で割引になったり、電子マネーのチャージでも0.5%のポイント付与が行われたりと、他のカードよりお得な面も多いです。
他のカードと併用することで、メリットを享受しやすいカードの一つと言えますね。

更に海外旅行保険が非常に充実していて、年会費無料のカードなのにかなり助かる補償内容となっています。例えば傷害死亡・後遺障害の際は最大で500万円、傷害治療の際は最大200万円がもらえ、更に盗難や賠償責任が発生したとき、あるいは遭難したときの救助費用なんかも補償されるのです。
これらが年会費無料のカードを持っているだけで受けられるのですから、この上なくお得なカードと言えます。

そして一定の条件を満たすことで、上のランクのゴールドカードも年会費永年無料で持つことができるというのも、他のカードにはない大きな特徴です。もちろんゴールドカードになれば、海外旅行保険の補償額も増えるので、更にお得になります。

持っているだけで海外旅行保険が適用?

ちなみにクレジットカードの海外旅行保険には、「自動付帯」「利用付帯」の二種類があります。

自動付帯は海外旅行に行った時点で保険が適応になるのに対し、利用付帯はそのカードを海外で使わない限り保険が適応になりません。
なので利用付帯の場合少々面倒なのですが、エポスカードは「自動付帯」にあたるため、海外旅行に行くだけで自動的に保険が適応となるのです。なのでわざわざ海外でカードを使う必要はないですし、現金や他のカードで支払うことも全く問題なくなります。
海外でお得になるカードや、還元率の高いカードを利用して、エポスカードは財布の中で眠らせておいても構わないのです。
そしてエポスカードの海外旅行保険は、他のクレジットカードの保険と併用も可能になっています。
楽天カードなどの他のカードは利用付帯であることも多いですが、支払いはそちらのカードで済ませ、エポスカードはただ持っているだけであっても、2枚~複数枚分の保険が適応になるのです。そういった意味でも、このカードをとりあえず持っておくだけでも、大きな価値があると言えるでしょう。頻繁に海外へ旅行される方であれば、もはや必携のクレジットカードです。

忙しい旅行前でも申し込みは簡単

ひょっとしたら旅行前になって、エポスカードのお得さに気づいたという方がいらっしゃるかもしれません。
通常クレジットカードというのは、手続きをしてからカードが郵送されるため、旅行の直前では間に合わないケースがほとんどです。忙しい旅行前に、複雑な手続きをするのも億劫という方も多いでしょうね。

しかしエポスカードは、申し込みから即日発行が可能という、非常にレアなクレジットカードになります。
なので例え旅行の前日であっても、エポスカードを手に旅立つことができるというわけです。そして手続きの方法もかなり簡単で、まず公式HPもしくはアプリから申し込みをした後、審査結果の通知(メール)を待ちます。
手続きは最短5分程度で完了し、審査結果も早ければ数分後に届きます。審査完了の通知が届いたら、後は店頭に行きカードを発行してもらうだけ。エポスカードは非常に簡単かつスピーディーに手に入るのです。

もちろん日程に余裕があれば、店頭に行かず郵送を選ぶこともできます。ただし通常1週間程度で届くものの、遅れるケースも十分に考えられるため、旅行が1~2週間前に迫っている段階であれば、店頭受け取りを選択することが望ましいでしょう。恐らく店頭受け取りの方が安心という方も多いと思いますので、そういった意味でも近くにマルイがあるのなら、申し込み後店頭で受け取るのがおすすめですね。

▶︎▶︎エポスカード【公式サイト】

今ならキャンペーン中です!

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。