【口コミ】シドニー最大のタロンガ動物園の見どころはコアラだけじゃない!入場料と行き方

私が訪れたのは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州に存在する「TarongaZoo(タロンガ動物園)」です。
首都・シドニー最大の動物園で、園内にはオーストラリアをはじめ世界中の動物たちが仲良く楽しく暮らしています。

もちろん、オーストラリアといえば!なカンガルーやコアラ、タスマニアンデビルなども間近で見ることができますよ!


【見どころ】オーストラリアの動物たち

f:id:Tennessee-whiskey:20181011001401j:plain

タロンガ動物園の園内は、生息地域や種類によりいくつかのエリアに分かれています。
広い園内の中で、絶対に見逃せないのはやはりオーストラリアの動物たち!

コアラたちは木に登って悠々とユーカリの葉を食べたり、時にうとうと眠ったり。

f:id:Tennessee-whiskey:20181011001420j:plain

カンガルーとウォンバットは、仲良く同じエリアで遊んでいます!

まるまるとした姿がとっても可愛いタスマニアンデビルは、薄暗くてミステリアスな暗室の中にいます。
実は夜行性なので、眠っていることも多いです。

生態を見せることを大切に、環境づくりにこだわった動物園だからこそ、みんなのびのびと暮らせているんですね。

カンガルーやコアラだけじゃない!世界各地の動物たち

f:id:Tennessee-whiskey:20181011001450j:plain

前にも触れた通り、タロンガ動物園には非常に多くの動物たちが、皆それぞれ生き生きとした姿を見せてくれます。

こちらの写真のチンパンジー。
まるで缶コーヒーを片手に駅のホームのベンチに腰掛けるおじさんのように、はたまた未来に思いを馳せながら黄昏れる青年のように、人間くささが感じられるのが個人的にとってもツボでした。
いつかお酒片手にゆっくり語り合いたいなあ。なんてね。

f:id:Tennessee-whiskey:20181011001526j:plain

こちらのじゃれあうモンキーたちは、まるで無邪気な少年たちのよう。
しかし、実はちゃんとした大人のモンキーなのです(笑)
写真には写っていませんが、渡されたロープの上を4,5頭で飛び回り互いを追いかけまわし、本当に元気いっぱいの様子でした!

私はこのような情景を日本の動物園ではなかなか見たことがなかったので、感動でした。
やっぱり大自然の中だと開放的になるのかな…

個人的に超おすすめ!バードウォッチング

f:id:Tennessee-whiskey:20181011001554j:plain

タロンガ動物園にいる仲間たちは、いわゆる「動物」だけではありません。
世界各国から集められた、色とりどりの野鳥が見られることも特徴的です。

熱帯雨林のジャングルを再現した森の中には、大きさも飛び方も様々な鳥たちは、眺めているだけで不思議とエネルギーをチャージできます。写真の鳥はハトより一回り大きいくらいで、鮮やかな青が非常に美しかったです。

他にもスズメほどの大きさで、白とピンク色のもふもふ毛が愛くるしい小鳥など、あなたを癒してくれる仲間がたくさん待っているエリアです。絶対に訪れてみてくださいね!

動物だけじゃない!動物園のさらなる魅力

タロンガ動物園はシドニー北部の海沿いに位置しています。
海岸線からは、なんとシドニー都市部を眺めることができるのです!
昼の時間帯は動物たちを心ゆくまで鑑賞して、帰る前には夕焼けに染まる海と空…なんて至福の時間を過ごせるのもこの動物園のいいところ。デートでも、お友達や家族とのご旅行でも、きっと忘れられない時間になることまちがいなしですよ。

入場料・行き方

入場料は大人46ドル、子供(4~15歳)は26ドル、4歳未満は入場無料となっています。日本円での料金は為替相場により変わるので、事前にご確認くださいね。

行き方ですが、オペラハウスなどで有名な観光地でもある港「サーキュラキー」2番のワーフから、30分毎にフェリーが出ています。所有時間は約12分と、シドニー中心部からもスイスイっと行けちゃいます!観光の際にはぜひ訪れてみてくださいね!

ちなみに大手オプショナルツアー予約サイトのベルトラでは、往復フェリー付きの入園チケットを事前購入したり、動物たちのいびきや唸り声を感じられるキャンプのプランも予約することができます。
ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

▶︎▶︎タロンガ動物園のチケット&アクティビティはこちらicon

www.tabinoblog.com

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。