中国東方航空の評判 実際に乗ってみた人たちの口コミを集めてみた!機内食・接客サービス・座席について

中国東方航空はリーズナブルな価格で利用できる航空会社。
大手旅行会社のツアーを利用すると飛行機が中国東方航空だったなんてこともありますね。

しかし、中華系の航空会社に初めて乗る人はちょっと不安を感じているかもしれません。
この記事では中国東方航空に実際に乗車したことのある人にアンケートを取って、中国東方航空の評判を調査してみました。


中国東方航空の機内食

f:id:Tennessee-whiskey:20181110231451j:plain

写真は成田〜上海のお昼ご飯として出された機内食です。選んだのはお肉のメニューでした。
ビーフシチューに近いお料理でしたが、お味は日本ではあまり食べたことがないようなもの。お米もパサパサしておりお世辞にも「美味しい」とは言えないものでした。
また、機内食ではありがちですが、白米とパンの炭水化物同士の組み合わせもちょっと寂しかったです。

中国東方航空の評判

福岡から上海間
中国東方航空は何度か利用したことがあります。私の印象は遅延が多いということです。航空会社というより、空港の混雑である程度は仕方のないことかもしれませんが、搭乗開始予定時刻になっても、機材がまだ出発地にいるということが何度かありました。サービスに関しても、日本の航空会社と比べるとどうしても粗が目立ちますが、LCCと比較すれば全然許容範囲内です。普段使う路線ではエコノミーでも荷物を2つまで預けることができ、とても便利でした。

成田から上海浦東
ゴールデンウィーク中のフライトだったので往路復路も満席で、乗客も日本人中国人同数ぐらい乗っていて、団体客が多かったと思います。フライト中は飲み物と軽食が出ましたが、サービスで中国東方航空マークのキーボードをもらいました。愛想が無いようなイメージですが、日本人団体客に合わせ気を配っていたように感じました。

大阪から上海
飛行自体は全く問題なありませんでした。違和感もありませんし、匂いも気にならなかったです。
ただ機内食は中華マンのようでしたが、美味しくはなく、一口でやめてしまいました。
席はそんなに狭いとは感じませんでした。
4回くらい中国東方航空に乗ったが 一回、とにかく荷物が出てこないことがあり、1時間くらいまちました。
二回目は手続きが遅い大行列で次の予定に間に合うのかものすごく不安になったこともあります。
いずれも中国側での出来事です。

上海からシンガポール
上海からシンガポールへ行く際、夜便で中国東方航空を利用しました。正直、中国の飛行機?と心配していた部分がありましたが、乗ってみると一般的な旅客機と変わりありませんでした。日本の航空会社と比べたら、それは劣る部分もありますが、コストパフォーマンスを考えると納得できるレベルです。
機内食もおいしいとは言えませんが、それはどこの航空会社も似たようなものだと思うので。当時4歳の子供もいましたが、機内食も大人と同じものでもなんとなく食べれていました。深夜便だったので、機内で眠ることになりましたが、ブランケットがペラペラで寒かったです。サービスかコストかを選択しコストを選んだ方は、中国東方航空でも十分納得できると思います。



関西空港から北京
中国東方航空 MU730/9:30発に乗りました。
地上サービスは国内大手と遜色はありません。カウンターでの荷物預け入れでしたが業務的なところはスムーズでした。
座席はエコノミークラス利用しましたが、少々狭いです。窓側ですとお手洗い利用は不便でした。食2時間も無いフライトでしたので食事は無く、ドリンクサービスのみでした。
到着時、ロストバゲージなどのトラブルは無く、預け入れ荷物もスムーズにでてきました。
全体的には、移動だけを目的とするには特に不便なく利用できます。また利用します。

台北から上海
初めて中国東方航空を利用しました。キャビンクルーは結構クールで、日本の航空会社のような接客笑顔はありませんでした。かといって失礼なわけでもなく淡々と業務をこなしているように思いました。離陸後30分くらいしてからナッツとドリンクが配られ、その後、軽食が提供されました。思っていたよりおいしかったです。エンタメはほとんど中国語のものだったので、ひたすらフライトマップを見て過ごしました。エコノミークラスでしたが、ブルーの座席はLCCよりちょっと広いかなくらいの大きさでした。台北発だったのもありますが、日本人の乗客は、私と友達以外いなかったような気がします。

大阪から上海
10年以上前の話になりますが、まだLCCのない時代の頃に利用しました。たまたま友人と上海へ旅行に行くことになり、ツアー会社が手配していた航空機が中国東方航空でした。大阪から上海までのフライトは、2時間もかからないので、特に何も感じませんでした。現在はわかりませんが、機体の部品を、日本の航空会社の使わなくなったようなB級品を使用しているようなうわさを聞いたことがあり、事実かわかりませんが、安全上大丈夫なのかなと思ったことはあります。

東京から台湾
中国東方航空の飛行機はよく遅れる、ということを聞いていたのですが、実際に利用した際にもやはり、行きも帰りも遅延しました。だいたい2~3時間ほどだったと思います。これまでいろんなLCCを利用しましたが、遅れたのは中国東方航空だけでした。乗り継ぎ便には影響はなかったのでよかったですか、特に遅れたことに対する保証などはありませんでした。飛行機の座席は一般的なLCCと同じくらいだと思います。



名古屋から北京
中国東方航空の客室乗務員は全く英語が話せず驚きました。入国書類を配布時、ちょうど前の列で無くなったようで、そのことについて英語で聞いてもひたすら「メイヨー(無い)」と繰り返すばかりで困りました。
それに加え、若い女性乗務員ばかりで、緊急事態の際は全く頼りにならないなあと感じました。正直あまり乗りたくない航空会社の1つです。


中国東方航空を利用したのは初めてでしたが、思った以上に快適に過ごすことが出来ました。席は広々とまではいかないですが、リクライニングで眠ることも出来ます。ドリンクサービス・機内食は普通ですが、この価格で利用出来るので特に不満はありません。上海乗り継ぎ便でしたが、ステッカーを貼ってくれて、案内もしっかりしていたので、不安なく乗り継ぎをすることが出来ました。

福岡から上海
ベトナムに行くために、福岡から上海まで中国東方航空を利用しました。2時間弱のフライトでした。特にマイナスな印象は残っていないので、ごく普通だったと思います。着陸後バスで建物まで移動でした。そこに居た地上係員の口調が激しかったのを覚えています。乗り換えについて聞きたいことがあったのですが「upstairs(上の階)」と連呼されるばかりでした。

上海市からクアラルンプール
中国東方航空を利用した際、飛行機が3時間以上飛ばないトラブルが発生ました。しかし、地上職に確認した内容と飛行機の搭乗手続きが始まった際のアナウンスの内容が違うなど情報の共有があまりない印象を持ちました。しかし、その際に弁当が支給されるなどの支援は整っていると感じ、機内でのサービスも丁寧でした。また、機内で日本人のCAが乗務しているという日本字向けのアナウンスがあったのも安心感につながりました。

福岡から上海浦東
福岡から重慶への直行便(上海浦東経由)としては、中国国際航空もあったのですが、既に満席で、中国東方航空を利用することになりました。福岡からは初めてだったので少し不安な事がありましたが、乗り継ぎにも関わらず、預けた荷物はスルーチェックインで大丈夫と言われて、上海で受け取る必要がなくスムーズに乗り継ぎが行えました。乗り心地は中国国際航空とあまり変わりません。福岡から上海までは日本人もいて食事も日本人に合うものになっていました。しかし、次の便はやはり日本人が搭乗していませんでした。機内は話し声が絶えません。また機内食があるのですが、食べたらすぐに寝るのが一番です。



関西から台湾
価格がとても安く関西空港から台湾は近いので利用してもいいと思い中国東方航空を利用しました。日本人乗務員がいなくとても困りました。日本語を話せる中国の方がサービスしてくださりますが、サービスのクオリティは低かったです。特に笑顔などの点でも良くなく愛想がないという感じでした。また、丁寧さが足りないと感じました。

成田から上海
中国東方航空のエコノミークラスを予約しましたが、手違いがあったようでビジネスクラスが空いてるからどうぞと提示され、人生初のビジネスクラスに着席できました。ラッキーでした。座席は座り心地がよく、足が伸ばせて快適に過ごせました。機内は清潔で、機内食も普通に美味しかったです。中国人CAさんの接客は日本人のような丁寧さはありませんが、概ね問題ないと思いました。

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。