大英博物館の口コミ 有名な展示品ロゼッタストーンを見てきた。入場料は無料!所要時間は1日でも足りない!お土産とアフタヌーンティー

大英博物館 口コミ

ロンドン旅行の2日目に向かったのはラッセルスクエア駅のホテルから徒歩5分ほどの場所にある、大英博物館です。
大英博物館は本当に見ごたえがあって、滞在中2回行きました。
何しろ広いですからね。所要時間はいくらあっても足りません。

言わずと知れた有名博物館ですので、開館から行っても人はたくさんいましたが、それでも博物館が広いので、ゆっくり見れました。
もう外観から重厚で歴史ある雰囲気が感じられます。

ロンドンは日本人に人気の旅行先。
日本からの観光客は多く、ここ大英博物館でも写真を取る女性のグループを見かけました。

f:id:Tennessee-whiskey:20181009205200j:plain

荷物チェックを済ませ中に入ると、ガラス張りの天井から日光がふりそそぐ明るいホールが真ん中にあり、真っ白な内装はモダンで素敵です。
全体的に丸いホールなので、なんだか海のなかにでもいるみたいです。

入場料はなんと無料

この大英博物館、入場料はなんと無料です!
すごい太っ腹ですよね。

もちろん寄付は任意でできるので少しだけでも入れてみるのも良いでしょう。

所要時間は1日でも足りない

1日では回りきれないと言われている大英博物館、どこから見ていいのか迷いましたが、まずは超有名なロゼッタストーンから巡ることにしました。

f:id:Tennessee-whiskey:20181009205255j:plain

入り口側にあり、人だかりができているのがロゼッタストーンです。
ロゼッタストーンはヒエログリフ解読のきっかけになった石板。
写真を撮る人が多いので私も何枚か撮影しました。

ミイラ等エジプトゾーンの展示品が有名

そこから奥に進むと、エジプトの石像が出て来て、歴史背景を知らなくても、圧巻のインパクトでした。
そこを通りすぎると、きれいに彫刻がほどこされた巨大な石像の門が出てきます。古代ギリシャのゾーンなのですが、本当にこんな大きくて重いものを、当時どうやって運んだのかと驚きます。

そして上の階には、人気の古代エジプトのゾーンです。こちらは本当に混んでいました。
映画などてお馴染みのミイラや、きれいに装飾された棺は見ものです。包帯に巻かれたリアルなミイラには少しぞっとしましたが、大満足のボリュームでした。

実は大英博物館には、北斎の絵もあるのですが、残念ながらこの日は改装中で見れませんでした。

見学後はアフタヌーンティー

f:id:Tennessee-whiskey:20181009205321j:plain

そして、午後3時、じっくりと展示を見終わったあとは、しっかりアフタヌーンティーも楽しみました。20ポンドほどでアフタヌーンティーができるのでお得です。

f:id:Tennessee-whiskey:20181009205401j:plain

アフタヌーンティーは、日本人女性には量が多すぎました。実は一人旅だったこともあり、分け合う相手もおらず。しかし、スコーンは小麦の味もしっかりしてクロテッドクリームとよく合い、小さなケーキも甘くておいしかったです。
ちゃんとお持ち帰りもできるので、一人でも安心です。

お土産も充実

大英博物館はお土産も充実しており、衣類からお菓子、雑貨と、ユニークで楽しいものばかりで目移りします。私は最終日に、お土産だけを買いに訪れました。
博物館のお土産でも、スカーフや傘、USBメモリなどさまざまなものにロゼッタストーングッズがありました。

帰りにパブでビール

それと、ロンドンといえばパブでビールとフィッシュアンドチップスが食べたかったので、ホテル近くのパブSwanに行って来ました。
なかなか一人だとパブに入る勇気がなかったので、ラッセルスクエア駅のホテル周辺にある、観光客慣れしていそうな場所を選びましたが、店員さんも明るく親切で、とてもいい思い出になりました。
ハーフパイントのビールも結局2杯飲んでしまい、お酒も食事も楽しめ、大満足の5日間になりました。
ロンドンという歴史ある町並みは、散歩するだけでも楽しいのでおすすめです。

www.tabinoblog.com

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。