海外旅行保険 入らない選択肢ってあり?

f:id:Tennessee-whiskey:20180824203007j:plain

海外旅行に行く際に、保険には入っていますか?私は入っています。でもお世話になったことは一度も無く、不要なのではないかなあと思い始めていました。

1000円から3000円程度とはいえ、旅行先によっては豪華な食事ができるかもしれない金額。ネットで調べに調べて格安で旅券を手に入れても、保険で取られてしまってはもったいない。
次の海外旅行の際には入らないという選択肢もありか、と考え始めていました。

しかし、考えると保険に入らないデメリットも多く思いつきます。ちょっと整理してみたいと思います。

海外旅行保険に入らないデメリット

f:id:Tennessee-whiskey:20180902022642j:plain

例えばニューヨーク観光中に病気になった場合。
なんだかわからないけど体調が悪い、と病院へ駆け込むと200ドルから300ドルかかるそうです。
これは初診料だけで、専門医にかかるとまた200ドルから500ドル。

入院となった日には数千ドルがかります。
これはアメリカの医療費が高いわけでは無く、日本の保険制度が優秀なのだと思いますが、それにしてもポンポン払える金額ではありません。
さらには病院を探すこと、お医者さんへの説明、通訳なんかも自分で行わなければなりません。
なんだか急に不安になってきました...

医療以外でも保険のお世話になる機会があるかもしれません。
私はあまり意識しなかったのですが、賠償責任についてもカバーしてくれる保険も多くあります。
例えばホテルの風呂やトイレを詰まらせ、階下の部屋を水浸しにした場合。アメリカの配管は日本に比べて細い物が多く、ホテルでは詰まらせないようにこまめに水を流せと注意されることもありました。
にもかかわらず詰まらせてしまった場合、かなり高額の賠償を請求されることもあります。

というわけで、3000円程度をケチることで得られるメリットより、万が一の際のデメリットが圧倒的に多いという結果となりました。
今まで大丈夫だったから次も大丈夫だろう、というのは希望に過ぎず、事故や病気が自分だけを避けてくれるわけではありません。
やはり保険は入っていた方が無難なのかなあ、と考えを改めました。

エポスカードの自動付帯の海外旅行保険がおすすめ

考えを改めたのはいいのですが、実際に毎回手続きをするのは結構な手間なものです。
手間をかけず、そしてなるべく安く済ませられれば言うことはありません。しかしそんな都合のいい旅行保険なんかあるはずは無い、と思っていたのですが!

エポスカードというカードをご存知でしょうか。
丸井グループの一員である株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードです。
Visaと提携しているエポスカードをお持ちの場合、特に手続きをすることなく、海外旅行傷害保険が自動で付帯するというのです。

ネットでこの情報を仕入れたのですが、そんな都合のいい話しがあるのかな、と正直懐疑的に受け止めました。
どうせ年会費が高額なのでは、と予想していたのですが、なんと年会費は無料!
それでは保障の内容が心もとないのでは、と言う予想もしたのですが、全くそんなことはありませんでした。

例えば傷害の治療費としては200万円が、疾病の治療費、入院費などに対しては最高270万円が支払われます。
例に挙げたホテルで配管を詰まらせる、等の賠償責任に対しては最高2000万円が支払われます。
これだけあればまあ大丈夫でしょう。

さらに持って行ったデジカメを壊した、盗まれた等の携行品損害に対しても、免責として3000円支払う必要があるものの、20万円まで補償されます。20万円と言えば相当な一眼レフの値段です。プロのカメラマンも安心なのではないでしょうか。

何よりありがたいのは事前の連絡や手続きが不要な点。急な海外旅行でも意識する必要無く、保険の恩恵を受けることができるのはとても心強いですよ。

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。