「もぐら駅」の北越急行ほくほく線の美佐島駅訪問 通過時の風圧がヤバい!怖いくらいです!

f:id:Tennessee-whiskey:20181006225856j:plain

私は今年の9月、東北地方やその周辺を見て回る旅行をしていました。
その旅行の終盤に訪れた場所が、今回ご紹介する、
日本有数の「もぐら駅」である新潟県十日町市にある北越急行ほくほく線の美佐島駅です。


もぐら駅の北越急行ほくほく線の美佐島駅

もぐら駅とは、地下鉄ではないのにもかかわらずホームがトンネルの中にある駅のことで、
美佐島駅以外にも群馬県みなかみ町にある上越線の土合駅や、
新潟県糸魚川市にあるえちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの筒石駅などがあります。

美佐島駅も「もぐら駅」の1つとしてよく知られていますが、
かつては別の理由でよく知られていました。

通過時の風圧が怖い

2015年の北陸新幹線開業まで、ほくほく線には越後湯沢駅と金沢駅を結ぶ特別急行「はくたか」号が
運転されていました。
はくたか号は時速160kmで走行する区間があり、在来線を走る列車では日本でも一二を争う速度を出す列車でした。
この列車はほくほく線内では十日町駅などを除いてほとんどの駅には停車せず、通過します。

もちろん美佐島駅もこの列車は通過していたのですが、「はくたか」号が美佐島駅を通過する際の
通過音が凄まじいと、インターネットを中心に話題となりました。
通常の駅とは異なり、ホームがトンネルの中にあるため、その分風圧が強まるため、凄まじい音を出すのだと思われます。

なお現在でも美佐島駅を通過する列車があり、通過時ホームにいると危険が伴うため、
ホームと地下待合室の間には扉があり、普通列車が到着した時を除いてホームの中には入れないようになっています。

通過時の風圧は本当に凄く怖いくらいです。

またこの駅の接近放送(まもなく列車が到着します、のような放送)には、日本語、英語の放送のほかに
地元方言の放送もあり、実際に聞いてみると思わず笑ってしまいそうになりました。

この駅の周辺には人家がほとんどなく、2018年現在秘境駅ランキング第161位にランクインしており、
秘境駅としての側面も持っています。

このように、面白い特徴を持っている駅で、駅マニアの方を中心に多くの人がこの駅を訪れています。

待合室には畳

美佐島駅には地上、地下共に待合室があります。

地上の待合室には畳が敷かれていて、とても温かみがあります。
またどちらの待合室にも有志の方が置かれた駅ノート(駅へ訪れた人が自由に書くことができるノート)が
あり、私も来た記念に記入しました。

f:id:Tennessee-whiskey:20181006230109j:plain

この駅は無人駅であるのにもかかわらず、駅舎はとても立派で、トイレもきれいでした。
地上から地下へは階段を使って移動しますが、階段もコンクリートでできていて温かみのある待合室とは裏腹に不思議な雰囲気を醸し出していて、特に印象に残りました。

この駅はもぐら駅として有名だからなのか、私が滞在していた1時間の間に数人の人が車などで駅を訪れていました。
美佐島駅に止まる列車の本数は少なくはなく、1時間に1本ほどあるため、電車でも訪れやすい駅です。
皆さんも機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。