海遊館に行ってジンベイザメを見てきた!私の口コミと駐車場について。見学の所要時間は?イルカショーは無いよ。

先日、休みを利用して大阪にある水族館「海遊館」へ行ってきました。

この海遊館、メインとなる人気の生き物はジンベイザメです。
ジンベイザメを見るのは初めてだったのでとてもいい体験になりました。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904173047j:plain

海遊館にチケットを購入後さっそく入場。

私が海遊館に行ったのは平日だったのですがチケットを販売しているところは、休日や夏休みだと結構混雑しそうな雰囲気でした。

下記でパソコンやスマホでチケットを事前購入できます。
その方が混雑を避けてスムーズに入場できるのでおすすめ。

▶︎【混雑関係なし!】海遊館のチケット事前購入

それでは写真を交えながら海遊館の私の口コミをご紹介していきたいと思います。



海遊館のジンベイザメ水槽

海遊館のジンベイザメは太平洋コーナーの水槽にいます。
大きな水槽で、深さ9m、最大幅34m、水量5400トン、という巨大な水槽です。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171132j:plain

各階から見れるようになっており、さまざまな深さにいる魚を観察できるよう工夫がされています。

ジンベイザメは2匹いるのですが、1匹は海くんという名前で、2016年7月22日に高知県からやってきたそうです。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172013j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171940j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171529j:plain

太平洋水槽には、トビエイや他のサメやアジ類など様々な魚たちが泳いでいます。
f:id:Tennessee-whiskey:20170904171953j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171150j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171341j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172238j:plain

太平洋水槽の海底にはダイバーさんがいて、ジンベイザメの水槽をお掃除していました。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172039j:plain




海遊館で展示されている他の生き物&魚と水槽

入場後、序盤にある水槽が、アクアゲート。
海底トンネルのような幻想的な雰囲気の水槽です。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172921j:plain

アリューシャン列島の展示には可愛いラッコがいました。
こっちを向いてくれないのが残念。
f:id:Tennessee-whiskey:20170904173130j:plain

モンタレー湾の水槽にはカリフォルニアアシカとともにゴマフアザラシがいました。
筏でお昼寝中なのかな?

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172714j:plain

うーん。ゴマフアザラシ、以外と可愛くない。

生のカリフォルニアアシカを見て、サンフランシスコに行った時にアシカの沢山見れるスポットで一匹しかアシカが見れなかったエピソードを思い出しました・・・。

こちらはパナマ湾のコーナー。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904173126j:plain

アカハナグマというアライグマの仲間だそうです。

エクアドル熱帯雨林のコーナーには、カピバラが。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172429j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172941j:plain

一瞬、どぶ川にいるヌートリアと似ていると思ってしまいましたが、じっくり観察していると愛くるしいです。

海遊館の水槽は陸上には小動物がいて、水の中には魚が泳いでいるというテラリウム的な展示が多いですね。

このカピバラ水槽に水の中には世界最大の淡水魚ピラルクいました。
f:id:Tennessee-whiskey:20170904172653j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172705j:plain

あと、ピラニアもね。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904173000j:plain


ニュージランド周辺の海、タスマン湾を再現した水槽には愛くるしいカマイルカが。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171148j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171043j:plain

布切れ?をおもちゃにして遊んだり、かなり可愛いのですが、なんせスピードが速く、上手に撮影できませんでした。

ほかにも海遊館の水槽は日本海溝の深海にいる生き物を展示したりもしています。

世界最大のカニである、タカアシガニ。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171018j:plain

オオグソクムシも。キモチワルイ。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172416j:plain

ふあふあクラゲ館というクラゲに特化した展示コーナーがありました。

すごい癒される。

自宅で育成できるなら育ててみたいですね。クラゲ。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171030j:plain

海遊館の所要時間は?

海遊館見学に費やした時間は約2時間。

次の予定の関係上、少し足早に回った感じです。

私の魚に対する興味関心の度合いは、幼少期より魚釣りやアクアリウムを行なっていたこともあり、他の人より高い方だと思います。

全く魚に興味ない人が回るともう少し短時間になるのかもしれません。

展示の最後にサメやエイなどに触れるふれあいコーナーがあったのですが、こういったスポットで遊んだりするならもっと時間は必要でしょう。

海遊館の感想 イルカショーはない

海遊館の見所はやはりジンベイザメの水槽です。

海遊館にはイルカやシャチのショーステージなどはなく、生き物を観察して癒されるという展示がメインの水族館です。

海遊館は生き物たちをより自然な姿、本来の生息環境に近い状態で観察してもらうというコンセプトがあり、エンターテイメントとしてのショーはやらないポリシーとのこと。

個人的にはこのポリシーが気に入っています。

ショーはない水族館ですが、他の水槽もイルカや、アザラシなど、他の小動物などがいたり飽きさせない工夫がされています。

餌やりの時間に行くとより一層楽しめそうですね。

施設自体はそれほど新しくはないのですが、立地条件はよく周辺にも遊べるスポットが多いので、家族連れでの大阪観光やカップルのデートなどには今後も外せないスポットになってくるのではないでしょうか。



海遊館の駐車場・料金について

f:id:Tennessee-whiskey:20170508192502j:plain
海遊館にはレンタカーで行きました。
海遊館・天保山マーケットプレース地下にある駐車場を利用。

料金は

平日 200円 / 30分 (最大料金 1,200円)
土・日・祝日 250円 / 30分(最大料金 2,000円)

とのこと。

地下駐車場は1300台停めることができるのですが、混雑でいっぱいになると少し離れた臨時駐車場に駐車しなくてはいけなくなることもあるようです。

激安駐車場情報

akippa(アキッパ)
というサイトを利用して駐車場を事前に予約しておくと、
1日400円などと激安で利用できます。

下記に海遊館周辺の駐車場を集めておきました。
安いのでぜひ利用してみてください。

・海遊館から徒歩約8分の駐車場

▶︎平日限定 15分40円 24時間最大料金400円の駐車場

▶︎土日祝限定 15分40円 24時間最大料金1080円の駐車場

・海遊館から徒歩約9分の駐車場

▶︎15分30円 当日最大料金368円の駐車場(日により料金変動あり)

・海遊館から徒歩約10分の駐車場

▶︎15分30円 当日最大料金324円の駐車場(日により料金変動あり)

これらの駐車場は海遊館・天保山マーケットプレース地下の駐車場を利用するよりとても安いですし、
予約しておくことで混雑時でも駐車場を探し回らずにスムーズに駐車できます。

海遊館の周辺施設

海遊館で遊んだあとは、

天保山マーケットプレイスや

観光帆船サンタマリア号

レゴランド大阪

などで遊ぶことができます。

下記の記事で詳細と割引方法などを説明していますのでぜひご覧ください。

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com



当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。