アルカトラズ島の見学ツアーに行って来た!予約なしで行くのは無謀⁈

f:id:Tennessee-whiskey:20171012085842j:plain
アメリカ観光行った際に兼ねてから行きたかった監獄島アルカトラズ島のことをブログ記事にしてみました。
アルカトラズ島ツアーの予約方法と日本語での予約についても紹介しています。
これから行かれる皆さんもよければ参考にしてください。




チケット予約なしで行くのは無謀⁈

f:id:Tennessee-whiskey:20171012085818j:plain
アルカトラズ島から見たサンフランシスコの街

人気観光スポットなので、夏休みシーズンは特に早めの予約が必要と聞いていたのでウェブサイトで2ヶ月前から予約していました。

僕は6月後半に入ったのですがかなりたくさんの人で溢れていましたね。
予約なしで行くのは無謀かと思っていましたが実は当日券も買えなくは無いみたいです。

ただ、予約していくと時間指定とかもできますし、当日券が無いという事態になることもないとは言い切れませんので、行く予定が決まっている方は予約しておいたほうがいいと思います。

予約しておくと安心感がありますよね。

アルカトラズ島の料金と予約方法

アルカトラズ島の見学ツアーはAlcatrazcruises(アルカトラズクルーズ)によって運営されています。
見学ツアーのチケットはウェブ予約と電話予約で手配できるのですが、ここは手軽さの点ではウェブ予約の一択でしょう。
ちなみに予約サイトは英語になります。日本語での予約方法も、少し後でご紹介しますね。

基本的ツアーはEarly Bird Tour(朝一番のツアー)とDay Tourです。
料金は以下の通りです。(2017時点)

大人 $37.25
シニア(62歳以上) $35.25
5~11歳 $23.00

他にもグレードアップされたツアーであるBehind the Scenesや夜に見学するNight Tour(夏季)、すぐ近くのエンゼルアイランドにも寄るAlcatraz & Angel Island Combination Tourなどのツアーもあります。これらのツアーは料金が少し高くなります。
下記で最新料金確認できます。

▶︎http://www.alcatrazcruises.com/website/price-schedule-chart.aspx(英語)

チケットをウェブで予約したら予約票を印刷し当日、ピア33にあるチケット窓口(Will Call)でチケットと引き換えます。この時にパスポートなどの写真付き身分証明書が必要になりますので注意してください。

日本語での予約方法

予約サイトは英語しかありません。

どうしても日本語で予約したいという方には、オプショナルツアー予約の最大手のサイトのベルトラには日本語で予約できるツアーが用意されています。料金は80ドルです。
主要ホテルからの送迎も付いていて、日本語ガイドですので不慣れな方はこちらを選ぶのも良いかもしれません。
参加者の口コミも下記から見れますよ。

▶︎【最低価格保証】送迎付きアルカトラズ島半日観光ツアー<午後/日本語ガイド>
icon

アルカトラズ島の監獄と、
フィッシャーマンズワーフやロンバートストリート、
ゴールデンゲートブリッジなどの人気スポットの入場観光を組み合わせたツアーもあります。
サンフランシスコの名所を1日で回ることができるので便利。
こちらも日本語ガイド付きです。

▶︎【最低価格保証】監獄島アルカトラズ島&サンフランシスコ主要観光スポット1日観光ツアー<日本語ガイド>
icon

アルカトラズ島に上陸せず、島の周りをクルーズするだけのツアーを間違えて予約しないように注意してくださいね。
上記2つはアルカトラズ島に上陸して内部を見学できるツアーです。

アルカトラズ行きフェリーの発着時刻

f:id:Tennessee-whiskey:20171012085855j:plain
ツアーのフェリーが発着するピア

見学のためのフェリーの発着場所はPier33です。
 
夏季のナイトツアーは午後6:30の出発のフェリーもあります。1日サンフランシスコの街で遊んだ後に見学ツアーに行けば時間の有効利用ができるかもと思いますが、見学ツアーは結構な距離を歩くので無理やり行程を組むと大変です。

この手のツアーにしては島までのフェリーの本数が多いのはありがたいですね。
朝一のツアーは参加者が少ないのでかなりオススメです。

出発便はあらかじめ予約時に決めなくてはいけないのですが、帰りは好きな便に乗って帰れば良い仕組みになっています。

そもそもアルカトラズとは

f:id:Tennessee-whiskey:20171012085812j:plain
看守が常に見張っていた監房

サンフランシスコから3km沖合にある凶悪犯が収容される刑務所があった島のこと。

現在はアメリカ合衆国国立公園局によって管理され、観光客が訪れることができるようになっています。
1934年から1963年までの間使用され、シカゴの有名なマフィアであるアル・カポネや銀行強盗で有名なマシンガン・ケリーなど名だたる囚人が服役していました。

島の海域は冷たい海と早い潮流のゆえに、決して脱獄不可能と言われ「悪魔島」とも呼ばれていたアルカトラズ島
アルカトラズ島を舞台にした映画やドラマもたくさん作られ、アメリカ人たちの間でも超人気スポットです。

関連する映画を1本でも見ておくとあの場所か!と共感できるタイミングも増えるはず。

アルカトラズ島内の見学ツアー

f:id:Tennessee-whiskey:20171012085745j:plain
脱獄のために監房に掘られた穴

オーディオ端末を渡されて、自分たちで島内を歩いて見学するセルフ・オーディオツアーが主体です。このオーディオツアーですがちゃんと日本語も用意されています。

結構面白かったのが、刑務所の各場所のオーディオ説明が囚人が案内してくれているような感じで吹き込まれていること。
よくありがちな棒読み説明ではなく、飽きさせない工夫が一捻りされていて楽しかったです。

時間帯によっては、国立公園のガイドの説明などが行われていることもあります。
しっかり目に見ると島内は2時間以上見学にかかります。

f:id:Tennessee-whiskey:20171012085821j:plain
囚人たちが作った手製の武器

刑務所の建物は囚人たちによって建てられたもの。自分たちで建てた建物に収監されるとは皮肉です。

アルカトラズの刑務所が閉鎖されたのは維持管理にコストが掛かりすぎたからだそうです。

これだけ警備の厳重な建物ですが、結構囚人の待遇はよかったそうで、全米の囚人たちの中にはアルカトラズ島への移送を希望するものたちもいたとのこと。
映画では懲罰官房で放水され受刑者が水浸しのまま暗闇に閉じ込められているシーンを見た覚えが有るのですが…。うーん、どちらが本当なのでしょうか。
ケース バイ ケースかな。

島内は自然が豊かで海鳥もたくさんいました。
鳥たちも庇護されていて、ちょっとした野鳥の楽園といった様子です。

実はアルカトラズ島には刑務所として用いられなくなった後に、先住民の部族により占拠され独立宣言されたという過去もあります。
その点についても本格的に展示されていて非常に興味深かったです。
島の給水塔にはインディアンたちの書いた文字が残っています。

f:id:Tennessee-whiskey:20171012085657j:plain
給水塔にはインディアンの政治的なスローガンが残っている

お土産ショップもおすすめ

アルカトラズ島内にはお土産ショップもあります。

他の国立公園でもそうなのですが、グッズの品揃えがすごいです。食器からトレーナーまでアルカトラズの名を冠したグッズであふれています。

私はなぜか友人への土産として、刑務所内で使われていたものを再現した食事用トレーを購入してしまいました。

アルカトラズの受刑者が書いた本もたくさん置いてあったりするのですが、書いた元受刑者のご本人がショップ内で本を買ってくれた人にサインするサービスをしてました(笑)

有名な方なのでしょうか?このサービス今もあるかどうかは不明です。
ショップのスタッフもとってもフレンドリーでしたよ。

まとめ

サンフランシスコを代表するスポットであるアルカトラズ島。
潮風を浴びつつクルーズ気分も味わいながら、サンフランシスコの街を眺めることができて、満足度の高いツアーでした。
アメリカ人にとっての人気スポットである理由も納得できました。

地球の歩き方にはアルカトラズ島の詳細についてさらに書かれていますよ。

電子版が安いです。

www.tabinoblog.com



www.tabinoblog.com



当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。