評判は最悪⁈ デルタ航空に10回以上乗ってみた感想

f:id:Tennessee-whiskey:20171012090946j:plain

アメリカ横断とカリブ海に行くのに乗り継ぎ含め10回以上デルタ航空の飛行機に搭乗した私。

この記事ではいろいろと悪い評判が多い?デルタ航空を利用した、個人的感想を少し綴ってみたいと思います。

私個人はネットで見ていたような悪い印象は全く感じませんでした。




デルタ航空に私が感謝していること

ニューヨークのJFK空港でうっかりデトロイト行きの飛行機に乗り遅れた時、自己責任と言われてもおかしくない状況でしたが、自己負担0円で次の日の便に振替を行ってくれました。

また、ラスベガスからの便を利用した際はベーシックエコノミーからコンフォート席に無料アップグレードしてもらえました。

この2点はマジで感謝してます。

デルタ航空の気に入っている点

映画が充実している。

アメリカの航空会社は座席モニターで見られる映画のラインナップが充実している気がします。
ハリウッドがある映画の国だからでしょうかね。

日本公開前の映画もいろいろ見ることが可能です。

Jack Danielsが飲める

ウィスキーのJack Danielsです。

私がウィスキーを頼むとアフリカ系の客室乗務員さんが「Yes,Sir.」と言ってニヤリとしながらJack Danielsの小瓶を出してくれました。

まあアメリカ系の航空会社はほぼどこでも出てくると思いますが。

ジン・トニックを頼んだこともありますが、カクテルを頼む欧米人が多く利用するのでスムーズにアレンジしたお酒を出してくれる印象があります。

機内サービスのコーヒーがスタバ

全てのフライトでスターバックスのコーヒーを無料飲むことができます。
これはいいですね。
ユナイテッド航空は以前スタバを提供していましたが、今は違いますし。

悪い評判はなぜおこる?

タイミング。これに尽きるのではないでしょうか。

どこの航空会社でもスタッフも人間ですから疲れが出てくるとサービスにも影響が出ることもあると思いますし、機材が不具合が出ることや様々な理由で遅れが生じたりすることもやはりあるでしょう。いろんな悪いことが重なって結果的にお客さんの悪い評判になってしまうのではないかなと個人的には思います。そうじゃないことも時にはあるかもしれませんが。

一緒にいた同行者は最後のフライトでバゲッジクレームで、スーツケースを受け取った際にキャスターが取れていました。その人は「やっぱデルタ、ダメだわ」って言っていましたが、私としてはJALの飛行機を利用した時にスーツケースの取っ手が取れたことがあるので、デルタだから壊れたわけではなく、どの航空会社を利用しても壊れるときは壊れると思うのですが。

対応に満足して良い評価をわざわざネットに書き込む動機より、嫌な思いをしたときの復讐心の方がネット上に書き込む強い動機になることも、ネット上に悪い評価が多いことの一因かもしれません。

私はネットで言われているようなスタッフの対応で不愉快な思いもすることは無かったです。
マイルもグアム片道ぐらいは貯まったのでこれからもデルタ航空を利用したいと思いました。

以上デルタ航空のフライトに10回以上乗った、私の個人的な感想でした。

www.tabinoblog.com



当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。