ルート66をレンタカーでラスベガスから走ってみた。セリグマン観光でお土産屋さんへ【映画カーズの舞台】

アメリカ横断旅の途中で、ラスベガスからグランドキャニオンまでいく過程でルート66をレンタカーで走ってみました。

ハイウェイを通って行くよりも多少時間はかかるのですが、古き良きアメリカといった感じでギフトショップに寄ったり結構面白かったですよ。




ラスベガスからレンタカーでルート66へ

宿泊していたストラストフィアホテルを出発して、ルート66方面へと向かいます。
まずは93号線を走るのですが、見えてくるのはどでかいミード湖。

時間がないので素通りですが、ボートを牽引したSUVをたくさん見かけましたよ。
ウォータースポーツとかしたらすごい楽しそうですね。

93号線をひたすら進むとキングマンという町に到着します。
この町でルート66と合流します。

ルート66はI-40号線というハイウェイができたことにより廃れてしまった道路。

ルート66を走行しても、I-40号線を走行してもグランドキャニオンの入り口となるフラッグスタッフの町には到着します。

私は時間に余裕があったのでルート66を走行してお土産を買ったり、写真を撮ったり楽しみましたよ。

セリグマン観光でお土産やさんへ

f:id:Tennessee-whiskey:20171027224353j:plain

セリグマンという小さな町でCopper Cart Route 66 Motoporiumというお土産やさんに寄りました。
ここはルート66グッズがいっぱい販売されていましたよ。
記念にマグカップを購入。
お店のスタッフの女性も優しかった。

f:id:Tennessee-whiskey:20171027224341j:plain

こちらは先ほどのお土産やさんの隣にあるThe Historic Seligman Sundriesという有名なカフェです。

カーズ (字幕版)

カーズ (字幕版)

セリグマンの街はカーズの車がいっぱい

セリグマンはディズニー映画のカーズに登場するラジエータースプリングスのモデルとなった町。
お店の周りにもカーズに登場した車たちがたくさん並んでいました。

f:id:Tennessee-whiskey:20171027224249j:plain

カーズについていた付録には監督や関係者たちがこのセリグマンで映画のヒントを得ているメイキングシーンが付いていましたね。

f:id:Tennessee-whiskey:20171027224331j:plain

人気あまりなく静かな空気が流れるノスタルジックな場所でした。
お店の場所は下記の地図で。

本当はもっといろんな町でじっくり散策したかったのですが、時間の都合上足早に車を進めてしまいました。
お昼にラスベガスを出て夕方には無事にグランドキャニオンに到着しました。

アメリカでレンタカー予約するならこのサイト

私はオープンカーのマスタングを借りて回っていました。
下記の予約サイトはレンタカー各社を一括で比較できる予約サイトです。
最安値が分かるので便利ですよ。

▶︎レンタカーの最安値を一括検索

ルート66を走るラスベガスからの現地ツアー

車を自分で運転するのは不安だけれどルート66を走ってみたいと言う方は下記のラスベガス初のツアーを利用するといいかもしれません。

▶︎ルート66で西部劇の世界へ!バーストウ~オートマンルート日帰りツアー<日本語ガイド>icon

ルート66を通って隕石孔を見に行く1泊2日のツアーもあります。
こちらのツアーは、ウイリアムス、セリグマン、キングマンなどのルート66沿いの町に立ち寄ることができルート66を満喫できるツアーです。
参加した人の口コミも見れますよ。

▶︎宇宙の神秘を感じる場所へ ルート66から行くメテオクレーター & 化石の森国立公園 1泊2日<日本語ガイド>
icon

ルート66についてもっと知りたい人は下記の本を読むといいかもしれません。

B25 地球の歩き方 アメリカ・ドライブ 2017~2018

B25 地球の歩き方 アメリカ・ドライブ 2017~2018

ルート66、66のストーリー

ルート66、66のストーリー

私のグランドサークルの旅行記です。
合わせてご覧ください。

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

海外でスマホ使うならポケットWifiレンタルは必須!

持つだけで海外旅行保険が自動付帯になる年会費無料のカード!
海外のサポートデスクで日本語対応可なのでトラブルでも安心

海外ツアーなら信頼のJTBがおすすめ

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。