ビバリーヒルズやロデオドライブをレンタカーでドライブしてきた。住んでいる有名人は?高級住宅街と日本語豪邸見学ツアーについて

f:id:Tennessee-whiskey:20171026092112j:plain
高級住宅街として知られるビバリーヒルズと高級ブランド店で有名なロデオドライブをオープンカーのレンタカーでドライブしてきました。

ロデオドライブ

f:id:Tennessee-whiskey:20171026092157j:plain

高級ブランドが立ち並ぶショップとして有名なロデオドライブをオープンカーで流してみました。

シャネル・プラダなど名だたるブランドが並びセレブしか入れないような雰囲気を見せつけてきます。

やはりこの通りは高級車が多いですね。ポルシェとか結構見ました。
私はブランドやショッピングにあまり関心が無いので下車して買い物はしませんでした。

しかし、このロデオドライブ。
オープンカーで走るとなかなか楽しいです。
マスタングコンパーチブルなので高級車とは言えないですが、カリフォルニアの風を感じながら車を流すのはなかなか気分がいいです。

アメリカのレンタカーの運転は思ったより簡単。
右ハンドルなんて即効で慣れますよ。

もちろんプレミアムクラスのセダンやSUVなんかも借りれます。
ハーツとかではポルシェなんかもレンタルできますからね。

下記のサイトは各レンタカー会社の料金を一括比較できるので便利です。

▶︎レンタカーの最安値を一括検索

f:id:Tennessee-whiskey:20171026091905j:plain
日差しが暑い!
ただ、オープンカーは暑いです。
夏に乗っていたら熱中症になりそうになりました。(汗)
オープンカーに乗る際は無理は禁物ですね。

ビバリーヒル

ビバーリーヒルズは「Beverly Hills」のロゴがあるビバリーヒルズガーデンパークが撮影スポットとして有名です。
今回行った時に車越しに見ましたが、やはり人でいっぱいでしたよ。

車を駐車するのが面倒だったので今回はパス。
なので写真は無い。

ビバリーヒルズの邸宅街は背の高いヤシの木が立ち並び、まさに別世界という感じではあります。

f:id:Tennessee-whiskey:20171026092735j:plain
pixabayから

ビバリーヒルズに住んでいる有名人の豪邸見学日本語ツアー

ビバリーヒルズには多数の有名人が住んでいるor住んでいたわけですが、彼らの豪邸を見学できるツアーがあります。



住んでいるor住んでいた有名人の家の例

エルビス・プレスリー邸、ミック・ジャガー邸、マイケル・ジャクソン邸、ジョージ・ハリソン邸、バーバラ・ストライザンド邸、フランク・シナトラ邸、ウォルト・ディズニー邸、ブラット・ピット邸、ロナルド・レーガン邸、エリザベス・テーラー邸、ニコラス・ケイジ



自分たちで地図を見て車で回ってもいいんですが、やはり運転しながら地図見たり、写真撮ったりは結構危ないですよね。
あと、遠目で見てるだけでつまらないという結果にもなってしまいがちです。

しかし、日本語で映画やスターに詳しいガイドに説明してもらえれば、いろいろと豆知識を聞いたりしながら楽しめると思います。

写真もバンバン撮影できますし。

下記のツアーは日本語ガイドの運転でセレブの豪邸や映画のロケ地を回ることのできるツアー。
ホテルまでの送迎付きで、ハリウッドハイランドにも行くことができます。
レンタカーを借りることを考えるとこういったツアーを利用する方がお手軽でお得かもしれませんね。

▶︎ビバリーヒルズのスター豪邸とハリウッド半日観光ツアー<日本語ドライバーガイド>
icon

ビバリーヒルズと同様に高級住宅街として有名なウェストハリウッド ハリウッドヒルズのスターの家も回ることができます。

リンジー・ローハン
レオナルド・デカプリオ邸、
キアヌ・リーブス邸、
トビー・マグワイア邸、
パリスヒルトン邸、
ジョニー・デップ邸、

など。
まあ彼らが引っ越してしまったら見れませんけれど。

ロサンゼルスにはセレブの家を見学できるツアーが豊富にあります。
下記のサイトは最低価格保証ですし、口コミも多数チェックできるのでぜひ訪問してみてください。

▶︎【最低価格保証】セレブ豪邸見学ツアー一覧
icon

ガイドブックの地球の歩き方はネットではわからないコアな情報も載っていますし、信頼性があります。

B03 地球の歩き方 ロスアンゼルス 2017~2018

B03 地球の歩き方 ロスアンゼルス 2017~2018

この後ピンクスでホットドッグを食べに行きました。
www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

海外でスマホ使うならポケットWifiレンタルは必須!

持つだけで海外旅行保険が自動付帯になる年会費無料のカード!
海外のサポートデスクで日本語対応可なのでトラブルでも安心

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。