エアアジアの評判 最悪って本当?国内線の乗り心地は?安全性が心配?機内食は有料です。

エアアジアの評判
ぶっちゃけどうなのエアアジア?

格安航空会社(LCC)として有名なエアアジア。
航空券の値段が非常に安いことから利用を検討している方も多いのではないでしょうか?
でも、安いから安全性が心配という方もいますよね。


エアアジアの評判

エアアジアの口コミ

今回はネット上でアンケートを取ることができるサイトを利用してエアアジアの利用者の方にエアアジアの口コミを投稿していただき評判を調査してみました!

機内食は有料!

f:id:Tennessee-whiskey:20181110232206j:plain

写真は関西国際空港~マレーシアクアラルンプール国際空港間のフライトで出た有料の機内食です。
シンプルすぎるチキンライスです。これに飲み物が付いて値段は500円で予約。
他は麺やマレーシア料理のナシレマなので、ここはお腹にたまりそうな鶏肉を選択、マレーシア本場の味には少し届かないが、まあまあ大丈夫、少し食べたらないところがある。
フライト時間が長いので、もう1回食事の時間がやってくるが、1回目でたくさん食べて寝た方がよいでしょう。

■羽田からバンコクへのフライト
「普段、海外出張では会社の規定によりLCCは使用しないのですが、1回だけエアアジアを使用しました。事前情報でウェブチェックインをしておいた方が良いとあったのでウェブチェックインをしていきました。空港に着くとチェックインカウンターの行列が半端ありませんでした。あと席は狭かったですね。機内食を付けると値段が高くなるので、事前に空港で食料を買って搭乗しました。特に注意されなかったです。

■東京からクアラルンプールへのフライト
「日本から出発の便には、日本語の話せるCAさんがいたので安心出来ました。機内でもCAさん達は親切で、笑顔が優しくフレンドリーでした。機内の温度も調度良かったです。機内食は少しスパイスが利いていて辛いけど、個人的には好きな味で満足しました。キノコのスープが美味しかったと記憶しています。エアアジアは初めて利用しましたが、また乗りたいと思います。」

■大阪・関西国際空港~クアラルンプールへのフライト
「私は仕事の都合で頻繁にクアラルンプールに行くのですが、まずエアアジアを利用する理由は金額の安さと何といってもプレミアムシートの快適さが素晴らしいからです。他の航空会社でもクアラルンプールにはいきましたがエアアジアのほうが機内食もおいしいです。またキャビンアテンダントの対応も非常に素晴らしいので今後も利用したいと思います。」



■大阪からクアラルンプールへのフライト
「東南アジアで特にマレーシアとタイでエアアジアを使用していました。今回は初めて日本からの便を使用してみました。通常はWebチェックインを事前に済ませて空港で搭乗券を発行したりするのですが、関西空港では自動チェックイン機がまだなくカウンターでの発行となっていました。ちょっと不便かと感じました。機内は、通常より少し狭い感じの座席ですが、そう困るものでもありません。機内食があまり変わり映えがしないのが難点です。機内で直接購入するより事前予約していると早く食べることが出来ます。味はまあまあという感じでしょうか。しかし、マレーシアやタイで予約すると隣国にかなり安くで行けるのでよく利用しています。」

■成田から福岡へのフライト
「今は就航していない路線ですが、エアアジアは安い料金でかつ赤の可愛い機体で行けて、一応LCCにはなるけど別に席は狭いとも感じなかった。選べる機内食付きで予約していたため機内食が出てきたけど暖かかったし、行き帰りと違うメニューが空の上で味わえて普通に美味しかった。客室乗務員さんもパイロットさんも良い感じの雰囲気だった。」

料金がとにかく安い!

■名古屋から札幌へのフライト
「エアアジアを利用して、名古屋から新千歳空港まで移動しました。驚いたのはその価格で、土曜日の出発にもかかわらず5,000円で移動することができたのは、さすが格安航空会社と言う感じでした。シートの幅狭く、機内サービスは有料になっているものの、短時間のフライトなので特に問題なく過ごすことができました。価格の安さは魅力です。」

■クアラルンプールからシンガポールへのフライト
東南アジアの旅行の際に価格の安さにひかれて利用しました。大手に比べると3分の1以下の値段であり、フライト時間も1時間の短いフライトだったので特に問題なかったです。インターネットのサイトが充実をしており海外の路線であっても日本語で簡単に予約をすることができました。予約方法も分かりやすいのでエアアジアは利用しやすい会社でした。




関空からハワイへ安く行ける!

■関空からハワイ・ホノルルへのフライト
「家族(幼児含む)でのハワイ・ホノルルへの旅行の際にエアアジアを利用しました。初めて利用しましたが、ネットでの予約から出発・到着まで特に問題なく行くことができました。心配していた座席の狭さも、他の航空会社に比べ確かに狭かったですが、悲鳴をあげるほどではなかったです。残念だったのはごはんで、機内食を注文しましたが、味も食感も良くなく、よほどカップラーメンの方がおいしかったと思います。」

■関空からホノルル関空からハワイ・ホノルルへのフライト
「私がエアアジアの飛行機を利用してホノルルに行ったのは2年ほど前です。エアアジアについてですが非常に値段が安かったのを覚えていますが、それはセール時に購入したからということがわかりました。また搭乗券もネットを使用すると並ぶ手間が省かれます。サイト自体は非常に見やすかったです。ただしネットを使用しなければ、かなりの行列になっています。また搭乗便によっては機内での買い物のおつりが円ではないため、使い勝手は悪いです。」

座席もそんなに狭くない

■札幌から名古屋へのフライト
「エアアジアについては、運賃がとてもリーズナブルだったので安心することができました。また、スタンダードシートに関しても快適だったので良かったです。そして、機内食を自由に選ぶことができたので安心でした。また、チケットの予約方法についても簡単だったので良かったです。そして、スタッフの方が親切だったので安心でした。」

乗務員の対応も○

■札幌から名古屋へのフライト
エアアジアの飛行機に乗り込むと、早速旅に出るワクワク感を与えてくれるBGMが迎えてくれます。アテンダントの皆さんは素敵な笑顔で対応してくれますし、荷物の収納で少し困ったような動きを見せるとすぐに親切に手伝ってくれます。途中の機内アナウンスでは機長の方が「現在左手に富士山が見えています」と粋なサービスもあり、着陸した時にもリゾート感溢れるBGMで演出力を感じました。飛行機を楽しいものというイメージにしてくれるエアアジアはとても好印象でありました。」




エアアジアの口コミを集めてみて

エアアジア国内線の評判

実際にエアアジアを利用した人たちの口コミをチェックしてみて、
それほど評判は悪くないなと私は感じました。

エアアジアは

接客は良くて
機内食は人によって意見は分かれるが総じて◎
席はちょっと狭めだけど
スゴく料金は安い航空会社と言えるのではないでしょうか。

やはりLCCですので、こちら都合での搭乗時間遅れなどには取り合ってもらえないようです。
下記、マレーシアでエアアジアを利用した方の口コミ。

■マレーシア国内でのフライト(クアラルンプール-ランカウイ、ペナン等)
マレーシア国内移動でエアアジアを利用しました。30分〜1時間程度の短時間のため、LCCで全く問題ありませんでした。乗客が半分程度だったため、隣は空席でとても快適でした。客室乗務員の接客もとてもよかったです。どの方もにこやかな笑顔で対応してくれ、また乗りたいという気持ちにさせてくれました。チェックイン時間を少し過ぎた後にチェックインしようとしたのですが、全く取り合ってもらえず、結局チケットを買いなおす羽目になりました。そこはさすがLCCで融通がきかないところだと感じました。

デルタ航空ではこちらの遅刻でも飛行機をタダで振り替えてくれたことが以前ありました。
こういった点はレガシーキャリアとLCCの違いなのでしょうね。
▶︎デルタ航空の評判 ニューヨークで乗り遅れた!



安全性が心配?

LCCのエアアジアは安いから安全性が心配なんていう声もあります。

でも正直言って安さと引き換えに安全性を疎かにしているなんてことはありえないですし、馬鹿げています。

普通にレガシーキャリアでも行方不明になったりしますよね。マレーシア航空みたいに。

そもそも安全基準を疎かにしていたら運行できませんからね。飛行機は。

安いのは、機内食やエンターティメント、荷物の積載をオプションにしていたり、人件費を削減しているからであって、決して安全性を疎かにしているわけではありませんから、ご心配なく。

国内線も充実

エアアジアの路線は国際線ではタイやマレーシアに行くのに利用価値が高いですが、
国内線も充実しています。

名古屋ー北海道の路線はジェットスターとも価格競争をしているので、キャンペーンだととても安く行くことができます。
1000円くらいの料金の時もありますよ。
詳しくは下記のエアアジアの公式ページから料金をチェックしてみてください。

▶︎エアアジア



エアアジアとよく比べられることの多いライバルの格安航空会社はジェットスター。
ジェットスターの搭乗レポートとみんなの口コミは下記のページをチェックしてみてください。
www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。