エアカナダの評判【実際に乗った感想を集めてみた】エコノミークラスの機内食・座席について

エアカナダ 評判

トロント、バンクーバー、モントリオール、カルガリーなどのカナダの都市へ東京から就航しているので、カナダに行く際に利用する、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、エアカナダに乗るのは今回が初めてという方や、まだ搭乗経験が無いという方にとってはエアカナダの評判は気になるところでしょう。

今回はエアカナダに実際に乗ったことのある方に、エアカナダの口コミを投稿していただきました。

エアカナダの評判が気になるという方はぜひチェックしてくださいね。



エアカナダの評判

エアカナダ

東京からプリンスエドワード
日系航空機をいつも利用しますが、カナダ国内線に乗り換える必要があるとエアカナダに乗ります。その時にエアカナダを使用しました。CAはとても感じよく、コンパクトな感じでよかったと思います。しかし、エアカナダのグランドスタッフはちょっと注意が必要です。国内線での遅延等発生すると英語ができない人が後回しになります。それ以外はそんなに不便を感じませんでした。カナダ国内を色々行きたい人にはエアカナダはとてもお勧めです。

バンクーバーからロサンゼルス
往復のフライト時間が希望にかなっていたので、バンクーバーからロサンゼルスに行く時にエアカナダを利用しました。
初めて乗ったエアカナダの機内は快適で、サービスも充実していました。
早朝のフライトだったのに、CAがきびきびと爽やかに応対してくださったのが今でも印象に残っています。
機会があれば、また是非利用したいエアラインです。

モントリオールから香港
ロングフライトでしたが、ミールサービス以外にもちょこちょこお水のサービスがあり、とても快適に過ごせました。ただ、エアカナダのウェブサイト上ではWIFIが使える機体ということで、事前に手続きをしていてのですが、離陸後全く使えないので客室乗務員に聞いてみたところ、NOT AVAILABLE!と威圧的に言われてしまい、それ以上もうお金を払っているけどどうしたら返金されるのか等聞くことはできませんでした。日本語の映画もあり、暇はしませんでした。



トロントから大阪
フレンドリーで便数が多く便利!という印象が強いエアカナダ。現在、カナダのトロントに滞在しており、実家の関西に一時帰国の際や、カナダのトロントからアメリカへの旅行やカナダ国内の旅行や、多岐にわたってエアカナダを利用しています。アナのマイルも貯まるので、持っている方にとってはお得だと思います。多くの主要都市へいく便があるので、今後も使わせて頂きます。


大阪からトロント
10回程度エコノミークラスで利用しました。旅行代理店を通して、モントリオール-フロリダの便を予約した際、わたしの苗字と名前を逆にしてしまっていることに当日になって気づいたことがあります。
空港のエアカナダのスタッフに相談したところ、特別対応がいいということはありませんでしたが、追加料金なしで対応してもらうことができました。海外のほかのLCCよりも比較的安心して使うことができます。

成田からバンクーバ
エアカナダでは、子供用のおもちゃのサービスや、映画など、他の飛行機と変わらないサービスがありました。機内食がいつも心配ですが、ひどい味のものはなく、ドリンクサービスも何度もあるので、満足でした。日本語を話せるスタッフの方と英語のみの方がいて、日本語も通じる点も安心要素でした。機内は寒い感じがあり、ひざ掛けも少し薄手だったので、その点はマイナス点かもしれませんが、全体的に快適な空の旅となりました。

羽田からトロント
米系航空会社はいくつか利用しましたが、エアカナダは別格にスタッフが親切でした。トロント空港でのチェックインの対応も英語が不得意な者にも丁寧でわかりやすかったですし、機内でもこちらの話をしっかり聞いてくれて助かりました。
また、機内のエンタテイメント特に映画において新作が多くどれを観ようか迷ってしまうほどでした。
今後も利用し続けたい航空会社です。



成田からバンクーバー
私が搭乗した航空機はやや古い設備が多かったのですが、CAを中心にクルーたちが連携して食事や飲み物を振る舞う行動には感銘を受けました。毛布や歯ブラシもひと声かければ、快く利用することができ、長時間のフライトでも気分よく過ごせました。エアカナダは日本語で語られるシーンが少ないことは懸念材料ですが、海外旅行の経験が複数回あれば何とか対応できます。

成田からバンクーバー
たまたまバンクーバーまで航空運賃が安かったので利用してみました。機体は小さめのような気がしましたが概して快適に過ごすことができました。
エアカナダは人によって評判がわかれるようですが、私は普通に利用しやすい航空会社だと感じました。アテンダントさんの接客も悪くなかったですしアメリカのエアラインよりは数倍サービスも上だと思いました。

成田からバンクーバー
ご飯はいわゆるよくある機内食なので特別美味しくはないですが、まずいこともないのでそこそこ食べれます。往路の時はアルコールを摂取しなかったのでわかりませんが、復路はカナディアン(カナダビール)を飲めたりとカナダ気分を味わえました。エアカナダを利用した際に一番いいと思えたのは食事にペットボトルの水がついていることです。蓋ができるので後で飲むこともできとても重宝しました。CAの方も親切で呼んだらすぐに来てくれますし、対応する際の感じもよかったです。

成田からバンクーバー
兄がカナダに留学していたので、会いに行くのにエアカナダを数回利用しました。機内の作りは他の北米系の航空会社と大差ありませんが、個人的にはアジア人に対してアメリカの航空会社よりもスタッフの対応が良いと感じました。機内食がもともと苦手なのですが、エアカナダの機内食は妙な味付けがなく、素朴で万人受けする内容でした。

大阪からバンクーバー
エアカナダは過去に3回搭乗しました。いずれも問題なく快適に旅ができました。特に日本発の便は、機内食が鮭弁当やうなぎだったので洋食より和食を好むわたしには日本食を味わうことができありがたかったです。
CAさんも外国の方ばかりでしたが簡単な英語しか理解できなくても意思疎通に困ることなく、過ごすことができました。
過剰なサービスはありませんが、必要なサービスは受けることができますし、また利用したいと思える航空会社のひとつです。

羽田-トロント間
カナダ在住なので、日本へ行く際はエアカナダを毎回利用しています。
正直、今まで利用していて特別嫌な思いをしたことはありません。
ただ、日本人乗務員はいますが、カナダ機なので日本の飛行機の乗務員のような振る舞いかたをする人は見たことがありません。
離陸してちょうど中間地点くらいにカップラーメンが配られるのですが、いつも麺が伸びきった状態で配られます。
一度に全部お湯を入れてから配るので仕方がないのですが。
ちなみに味は日本のカップラーメンの味ではありません。
1日1便なので毎回満席に近いですね。

羽田-トロント間
カナダ在住なので、日本へ行く際はエアカナダを毎回利用しています。
正直、今まで利用していて特別嫌な思いをしたことはありません。
ただ、日本人乗務員はいますが、カナダ機なので日本の飛行機の乗務員のような振る舞いかたをする人は見たことがありません。
離陸してちょうど中間地点くらいにカップラーメンが配られるのですが、いつも麺が伸びきった状態で配られます。
一度に全部お湯を入れてから配るので仕方がないのですが。
ちなみに味は日本のカップラーメンの味ではありません。
1日1便なので毎回満席に近いですね。

成田からバンクーバー
成田空港からバンクーバーへ渡航する際にエアカナダを利用しました。
成田空港のチェックインカウンターでは日本人ではない方が対応する場合もあります。
CAは男性、女性問わず様々な年齢の方がおり、良質なサービスを受けられました。機内食も悪くはなかったです。

私が座ったシートは非常ドアの前だった為、搭乗して間もなくCAから非常時にとるべき行動等、英語による説明がありました。イラスト入りのマニュアルを見ながらの説明だったので英語が堪能ではありませんでしたが理解する事は出来ました。
ただ、エアカナダのチェックインカウンターではシートについての説明がなく、8時間以上のフライトでリクライニングしないシートに座り続けるのは身体的にかなり厳しかったのでチェックイン時にどのシートになるか確認される事をお勧めします。
日本の航空会社程のサービスの質ではありませんが、全体的には配慮もあり、また利用しても良いと思える航空会社です。

シアトルからバンクーバー経由で関西国際空港
エアカナダを利用しようと思った1番の魅力は金額でした。シアトルから大阪までの直行便はないのでどの航空会社でも乗り換えが必要なので乗り換えは苦ではなかったです。夏の帰国で約$800ほど、破格の価格でした。フライト自体も大変満足しました。座席は十分にリクライニングしますし、ご飯も普通に美味しかったです。バンクーバーから関西に関してのフライトはエアカナダ ルージュだったのですが、残念だったのが機内に画面がない事。無料wifiに繋げば自分のiPadや携帯で映画をみられますが、画面と比べると不便でした。でもこの価格にしては大変満足です。

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。