長距離バスグレイハウンドをサンフランシスコとロサンゼルス間の移動で使用してみた。

アメリカはご存知の通り日本の25倍の国土を持つ、とっても広い国。

飛行機、鉄道、レンタカーなどなど…。移動するにはいろいろな方法があります。
でも、一番安くアメリカ国内の都市間を移動する方法は長距離バス。

アメリカを横断した私が、アメリカの長距離バスであるグレイハウンドをご紹介したいと思います!

私のアメリカ横断旅ではサンフランシスコからロサンゼルスでバスを乗り継ぎしてサンディエゴまで行くのに利用しました。




グレイハウンドと他の交通手段の比較

f:id:Tennessee-whiskey:20161206211531j:plain
私の乗ったバス。サンディエゴで

今回はサンフランシスコとロサンゼルス間の移動で比較してみたいと思います。

レンタカー

I-5 のハイウェイを使い、622kmを約6時間かけて運転する必要があります。
名古屋~東京間が大体500kmとすると、よく隣の都市といわれることの多いサンフランシスコとロサンゼルスは同じカリフォルニア州とはいえ相当距離があるんですね。

6時間となるとかなりのロングドライブなので途中休憩も必要でしょう。

レンタカーの料金はいくらでしょうか?

アメリカ国内のレンタカー最大手ハーツレンタカーで料金を調べてみると、一番安いコンパクトカーを1日レンタルした場合64.5ドルとの結果が出ました。

これは最低限のプラン。

ここからフルで保険を装備していくと$100くらいになります。カーナビが必要な人は(あった方がいいと思いますが。)さらに料金がプラスで必要。
加えてガソリン代を考えると概算で$120程度は必要になってきそうです。

レンタカーのメリットは好きな時に好きな場所へ寄り道したり休憩したりと自由に行動ができることでしょうか。
人数が多ければ料金的にお得になりそうですが。

ちなみにアメリカのレンタカー会社で最大手はハーツです。私もハーツレンタカーを利用しました。
他にはバジェットやアラモが大手として有名です。

下記のサイトはアメリカのレンタカー会社か各社を一括で比較して最安値を知ることができます。
出発場所を入力すればOKなので簡単ですよ。

▶︎アメリカレンタカー会社の一括比較サイト

飛行機

こちらはとっても速くて快適に移動できます。
デルタ、ユナイテッド、アメリカン航空 各社とも1日12~14便サンフランシスコからロサンゼルスへ運行しています。
僕が調べた時は料金は$117でした。フライトの所用時間は約1時間30分です。

バージンアメリカも1日6便就航していて、バージンアメリカはフライトが1時間15分くらいで所要時間は他社より短いです。
空港にチェックインする時間、荷物を受け取る時間を考慮する必要がありますね。空港までの交通費も必要です。

▶︎アメリカ国内線の現在の価格を見る

鉄道

アメリカの鉄道であるアムトラック(Amtrack)はサンフランシスコ~ロサンゼルス間を直接結ぶ区間がありません。
それでThruway Busというバスをアムトラックが運行させて鉄道のない区間を補っています。

鉄道を利用していきたい場合はバスと鉄道を2度のりつぐ必要がありますし、所用時間は最短でも10時間はかかることになります。
料金は最安値で$59くらいです。

太平洋を眺めながら鉄道で旅したいと思われているなら乗ってみてもいいかもしれませんが料金及び時間的なメリットは皆無です。
鉄道に乗りたいだけなら別の区間に乗るのがオススメです。

アムトラック(英語)
▶︎https://www.amtrak.com/home

長距離バス「グレイハウンド」

今回の記事の本題バスです。

サンフランシスコとロサンゼルス間は1日11便運行しています。
早朝から夜行まで時間帯も豊富です。

料金はネットで予約すると乗車券は平均$25で取れます。最安値は$20!
これにサービス料金が数ドルかかりますがとても安いです。

他の乗り物に比べて圧倒的に安く旅できますね。

所要時間は最短だと7時間35分です。
長距離の大都市間を選ぶ場合この特急を選びましょう。

特急を選ばず普通のバスだと最大で12時間40分かかります。キツイです。
夜行ならまだ許せますが…。

普通のバスは小さめの街にも寄って10回くらい停留所に止まります。
小さな都市から大都市に行く場合は普通のバスに乗らなくては行けないことが多いです。

グレイハウンド公式ページ(英語)

▶︎Greyhound

アメリカの国内を超格安で移動するにはバスがオススメです! 時間も特急利用ならレンタカーより少しかかるくらいですよ!
ただし、客層はあまり良くありません。
私が乗った時も夜行バスにも関わらず、イヤホンなしでゲームしている輩がおりました…。
安くて若者向けの移動手段であることは否めないでしょう。





当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。