海遊館を回るのにかかる時間は約2時間【見学の所要時間】

先日海遊館に行ってきた私です。
海遊館に行きたいけれど何時間でまわれるのか気になるという方も多いと思います。
今回はブログ記事にしてまとめてみました。

何時間でまわれる?海遊館見学の所要時間は?

私が海遊館見学に費やした時間は約2時間

私としては次の予定の関係上、少し足早に回った感じです。
私の魚に対する興味関心の度合いは、幼少期より魚釣りやアクアリウムを行なっていたこともあり、他の人より高い方だと思います。

全く魚に興味ない人が回るともう少し短時間になるのかもしれません。

展示の最後にサメやエイなどに触れるふれあいコーナーがあったのですが、こういったスポットで遊んだりするならもっと時間は必要でしょう。

海遊館で展示されている他の生き物&魚と水槽

入場後、序盤にある水槽が、アクアゲート。
海底トンネルのような幻想的な雰囲気の水槽です。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172921j:plain

アリューシャン列島の展示には可愛いラッコがいました。
こっちを向いてくれないのが残念。
f:id:Tennessee-whiskey:20170904173130j:plain

モンタレー湾の水槽にはカリフォルニアアシカとともにゴマフアザラシがいました。
筏でお昼寝中なのかな?

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172714j:plain

うーん。ゴマフアザラシ、以外と可愛くない。

生のカリフォルニアアシカを見て、サンフランシスコに行った時にアシカの沢山見れるスポットで一匹しかアシカが見れなかったエピソードを思い出しました・・・。

こちらはパナマ湾のコーナー。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904173126j:plain

アカハナグマというアライグマの仲間だそうです。

エクアドル熱帯雨林のコーナーには、カピバラが。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172429j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172941j:plain

一瞬、どぶ川にいるヌートリアと似ていると思ってしまいましたが、じっくり観察していると愛くるしいです。

海遊館の水槽は陸上には小動物がいて、水の中には魚が泳いでいるというテラリウム的な展示が多いですね。

このカピバラ水槽に水の中には世界最大の淡水魚ピラルクいました。
f:id:Tennessee-whiskey:20170904172653j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172705j:plain

あと、ピラニアもね。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904173000j:plain


ニュージランド周辺の海、タスマン湾を再現した水槽には愛くるしいカマイルカが。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171148j:plain

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171043j:plain

布切れ?をおもちゃにして遊んだり、かなり可愛いのですが、なんせスピードが速く、上手に撮影できませんでした。

ほかにも海遊館の水槽は日本海溝の深海にいる生き物を展示したりもしています。

世界最大のカニである、タカアシガニ

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171018j:plain

オオグソクムシも。キモチワルイ。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904172416j:plain

ふあふあクラゲ館というクラゲに特化した展示コーナーがありました。

すごい癒される。

自宅で育成できるなら育ててみたいですね。クラゲ。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171030j:plain

海遊館ジンベイザメ水槽

海遊館ジンベイザメは太平洋コーナーの水槽にいます。
大きな水槽で、深さ9m、最大幅34m、水量5400トン、という巨大な水槽です。

f:id:Tennessee-whiskey:20170904171132j:plain

各階から見れるようになっており、さまざまな深さにいる魚を観察できるよう工夫がされています。

ジンベイザメ水槽を何時間見ていても飽きないという方も多いと思います。

まとめ

海遊館ではイルカショーなどはないので、ざっと見るだけなら1時間から2時間以下の所要時間を見ておけば大丈夫でしょう。
じっくり見たり、タッチプールで遊んだり、ショップでお土産をじっくり見たりすると余裕で半日は必要だと思います。

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。