最悪に悪い??ルフトハンザ航空の評判・口コミ。機内食・エコノミークラスの座席・客室乗務員の接客について

ルフトハンザ航空 評判
ドイツのケルンに本拠を置くドイツ最大の航空会社、ルフトハンザ航空。
国を代表する航空会社として、ドイツの「フラッグ・キャリア」とも呼ばれています。
ルフトハンザのサービスの質には定評があり、航空会社の格付を行なっているスカイトラックス社では4つ星という高評価を獲得しています。

グーグルの検索候補には、
「ルフトハンザ 最悪」
「ルフトハンザ 悪い」

なんて表示されていますが、

私自身は乗ってみて満足できる航空会社でした。

乗客の評価でも常に上位を維持している航空会社ですが、実際に利用したことのある他の乗客の声も気になるところです。
この記事では利用された日本人の実際の感想や口コミをまとめていますので、参考にしてみてください。



ルフトハンザ航空の評判

ショパン空港からフランクフルト
ルフトハンザ航空はご飯が日系のエアラインに比べて全然美味しくないです。座席の乗り心地はよく長時間座っていてもさほど疲れは出ません。CAの方々は淡々と業務をこなされていました。またたまたま乗った飛行機の床が濡れてて荷物がビシャビシャになったと言う嫌な思い出しかないです。でも日本からドヨーロッパに行くのに行きやすいのでまた利用したいと思います。

東京からフランクフルト
ルフトハンザは何度か利用していますが、長時間フライトに関してはサービスもよく、欧米キャリアの中でも落ち着いた雰囲気や気の利いたサービスがあると感じます。ただ、ヨーロッパ内では常に遅延や欠航が横行していて、ヨーロッパ内のフライトで時間通りに旅行ができたことがありません。個人的に機内で提供されるチェリーケーキが甘すっぱくて好きです。

フランクフルトからロンドン
フランクフルトからロンドンまでの移動でルフトハンザを使いました。飛行機に乗っている時間は短かったですが、快適に過ごせたと思っています。私が一番驚いたのは機内食に付いてきたミネラルウォーターでした。ドイツでは炭酸入りのミネラルウォーターが普通です。おそらく私はこの時に初め炭酸入りのミネラルウォーターを飲みましたが、正直なところ、炭酸が入っていない方が美味しいと思いました。

ロンドンからフランクフルト
機体、機内は古かったですが、シートピッチはやや広めでした。やや年配の二人のルフトハンザの女性CAが最初、客室に入ってきた瞬間いきなり、両手を揃え右から大きく左腰に回し、王子さまのような挨拶を乗客全員に見えるようにされたのには、お国柄を感じさせ、面白かったです。その後、チーズを挟んだ紙に包まれた小さなバゲットパンを投げるように配っていったことが印象的でした。お味は結構おいしかったです

中部国際空港からフランクフルト
中部国際空港からヨーロッパ方面に行くには、ルフトハンザかフィンエアになりますけど、二つを乗り比べた感想からいえば、フィンエアの方が快適でした。だからといって、ルフトハンザが悪かったわけではありません。座席は比較的広くて、食事は、比較的日本人の口に合うものでしたし、キャビンアテンダントも親切でした。その日は天候の加減でしょうか、少し揺れていましたけど、定時運行で、定時にフランクフルトに到着し、乗継便にも余裕で乗り換えることができました。



フランクフルトから成田
私が搭乗を予定していた頃は、ルフトハンザ航空がストライキを行うのではないかという情報が上がっており、利用に不安がありました。また、ドイツ国内でも評判があまり良くなく、期待せずに乗りました。しかし、実際に利用してみると、機内食は比較的美味しく、対応してくれたCAさんも優しい方が多かったと思います。搭乗時に、悪い印象はほとんどありませんでした

バルセロナからフランクフルト
スペイン旅行の帰りの飛行機で利用したのですが、寝不足と旅行の疲れからか、倒れてしまいました。エコノミーを利用していたので、狭いスペースの通路の端に寝せてもらい、酸素のマスクまでつけて頂きました。外国の航空会社を利用すると言葉の問題等で不便に感じることもありますが、ちょうど日本人のCAの方がいて、不安な中、とても親切にして頂き感謝してもしきれないくらいでした。次回もルフトハンザを利用したいと思いました。

大阪からフランクフルト
機内は落ち着いた雰囲気でした。エコノミークラスに搭乗しました。座席幅は普通のエコノミークラスと同じくらいで、食事は2回。味も食べれました。ルフトハンザの客室乗務員さんはドイツ人の方も優しく感じのいい人ばかりでした。機内エンターテインメントも充実しており、日本語の映画も見れましたし、ゲームも出来ました。

フランクフルトからベルリン
国内線国際線共に今までルフトハンザを使う機会はおろかドイツに行ったことがなかったのですが、今回初めて利用しました。勝手なイメージで(本当に失礼なのですが)ドイツ人は仕事は効率重視で笑顔なども少なく表情は硬い、と思っていました。しかし今回ルフトハンザのフライトでドイツ人に対するそんなイメージはまったく吹き飛びました!まず搭乗直後、チップスの小袋を渡してくれる時の柔らかな笑顔にほっとしましたし、ドリンクサービスの際にもフレンドリーな声かけだったので安心できました。フライト時間がそう長くなかったためサービスなども簡易的ではありましたが、次回は是非日本からドイツへ向かう便からルフトハンザに搭乗してみたいです

東京からミュンヘン
ルフトハンザのエコノミー席のシート間が狭いと感じました。anaの方が広く感じました。トイレが地下にまとめておかれている機体で、トイレの数はたくさんあるので食後を除けば並ぶことも少ないように感じます。飲み物もたくさんありました。機内食は日本からの便は日本食も美味しいですが、海外から日本の便は洋食がおすすめです。ドイツ料理が出てくる事もあり、ビールとの相性が最高でした。



羽田からフランクフルト
安全な飛行機として有名ですし、金額的にも悪くなかったので、昨年末のドイツ旅行の際、行きの羽田-フランクフルト間でルフトハンザを利用しました。食事は正直あまり美味しくはありませんでしたが、搭乗員は皆親切で気が利く人ばかりでした。気圧が安定していたこともあるのか、日本の航空会社と比べても揺れも少なく、10時間以上の長旅でも疲れはたまりませんでした。

日本からドイツ
ルフトハンザを利用したのは初めてでしたが、男性のCAが多く、紳士的な方が多かったです。機敏な動きでスマートな対応をしてくれました。英語が片言でも十分通じましたので、フライト中に不便に思うことはありませんでした。座席も綺麗で掃除も行き届いていました。次回に選択肢があったら、迷わず選びたい航空会社です。

大阪からフィレンツェ
地上スタッフ、機内スタッフどのスタッフのサービスも最高のクオリティです。ルフトハンザのイメージカラー濃紺に黄色がアクセントになった制服は安心感が持てます。機内サービスもくどくなく、ちょうどいいです。座席の広さも十分で、機内エンターテイメントも沢山用意されていて退屈しません。トイレの清掃も行き届いています。機内食も美味しいですし、ドイツの航空会社ですのでドイツビール、ワインも充実しています。ビジネスクラスは別格のサービスを受けることができます。

西国際空港からドイツ
ルフトハンザについてあまり知らなかったのですが、ものすごく質の高い航空会社だと思いました。たまたま席が最後尾で、CAさんが近くにいて、声をかけてもらったんです。私が若い女性だったからか、友達が美人だったからかわからないんですが、機内でおにぎりとカステラを選べるサービスがあったとき、迷ってどっちがおすすめか聞いたら「時差で飛行機から降りて寝るまでにお腹空くから後でおにぎりあげるから今はカステラ」と言ってくれました。恐らく余った分だと思うのですが、おにぎりをいくつももらったような…特別だと思いますが、とても良いサービスを受けました。

東京からミュンヘン
ルフトハンザの座席はドイツ人仕様のためか、非常に広く作られており、綺麗なため、エコノミークラスでも、長時間フライトが苦になりません。他の航空会社だと、機体が古かったり、座席の間隔が狭すぎたりするため、膝がつっかかってしまうことがあります。また、リクライニングを倒すと、テーブルを利用出来ないことも多いですが、ルフトハンザでは、そのようなことはありません。

ルフトハンザ航空の利用者の評判はいかがでしたか?
ぜひ、あなたの海外旅行のプランの参考にしてくださいね。

ルフトハンザ航空に乗るならH.I.S.で予約がおすすめ

なぜH.I.S.で予約がオススメかというと、H.I.S.で海外航空券を予約しておけば、現地の支店でサポートを受けることができます。

慣れない海外で、困った時にも支店に駆け込めば大抵何とかなります。

日本語ができるスタッフがほとんどの場合どこの国でもいるので安心ですよ。

また、H.I.S.では海外航空券とホテルをセットで予約すると激安になるプランも用意されています。

ですからルフトハンザ航空の航空券を予約する場合でもH.I.S.で予約がおすすめです。

下記の公式ページから現在の航空券の最新の価格をチェックして見てくださいね。

▶︎▶︎H.I.S.の航空券のセール情報


このブログでは他の航空会社を利用した人の口コミをたくさんご紹介しています。

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。