金属製バックパック用防犯ネット pacsafe(パックセーフ)が海外旅行の防犯対策におすすめ

f:id:Tennessee-whiskey:20170921235057j:plain

アメリカを横断したことがある私です。

バックパッカーは1人で行動することも多く、自分以外の他の人が誰も信用できないというシーンも多くあります。
時には宿の主人が泥棒のことも…。

大きなバックパックを置いてトイレの個室に入りたいと思っても、外にカバンなんて放置できないし…。
という状況も多々あります。

旅行用の防犯対策用品のメーカーとして有名なパックセーフには金属製の防犯ネットが販売されており、防犯対策に優れた効果を発揮します。

pacsafe(パックセーフ)パックセーフ120 12970004

バックパックはワイヤーネットで防犯対策

ただ鍵やワイヤーケーブルで固定しただけでは、布地を切り裂いたりして中のものを盗むことができますが、防犯ネットのパックセーフを使えば切り裂きもある程度防止できます。

アムトラックなどの鉄道に乗っている時でも上の棚に放置してその場を離れるときや、ドミトリーに宿泊していてちょっと食堂に行くときに、防犯用のネットををつけておくだけで安心感がだいぶ違います。

バックパック用防犯ネット pacsafe パックセーフ

ネットの大きさはバックパックの容量に合わせてサイズを選べば大丈夫です。

55L用

85L用

120L用

140L用


カメラバックなどの小さめのカバン用のものも

カメラバックなどの小さめのカバンにぴったりな金属製ネットもあります。

防犯ネットの難点は少し重量が増えてしまうことでしょうか。
少しでも荷物を軽くすることを考えている人はワイヤーロックなどで済ませようと思う方も多いかもしれませんね。
この辺りは好き嫌いが分かれるところだと思います。

下記のような巻き取り式のワイヤーロックがおすすめです。

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。