ドミニカ共和国のサント・ドミンゴのチャイナタウンと中国人との関係性

ドミニカ共和国でも、世界の他の国と同様中国人が多く暮らしている。

中華料理の店もあちらこちらにあるし、ドミニカ共和国ではなぜか中華料理扱いの様なケンタッキー風の揚げチキンであるPica Polloも中国人が店をだしている。

f:id:Tennessee-whiskey:20171028193212j:plain
ケンタッキーにしか見えないがなぜか中国人が売っている




ドミニカ共和国人と中国人の関係性はあまりよくない

Pica Polloはドミニカ人は大好きなのだが、個人的に旅した感想として一般的なドミニカ人は中国人対して否定的な見方をしている人が多いと思う。

理由は外見的な差別意識もあるだろうし、中国人の多くが割と裕福であることへの妬みもあるのかもしれない。

中国人は強盗の被害に遭うことが多いらしい。

ドミニカ人からすると、アジア人は皆中国人という認識だ。
日本人が歩いていてもドミニカ人には分からないので注意が必要。

街を歩いていると、「チーノ」とかドミニカ人に道の反対側から嘲られることもある。

これがかなりうざい。

首都であるサント・ドミンゴで道を歩いていると反対車線からでも、ピックアップトラックに乗った建設労働者から罵声を浴びせられたりする。

かなり不愉快だ。

ちなみにアジア人女性がこの様な目にあうことはあまり無い。

ドミニカ人は女性には優しい。

サント・ドミンゴのファーストフード店で食べ物をオーダーした食べ物が完成した時に、女子高生くらいのバイトの女の子が、ニヤつきながら「チーノ」と呼びかけてきた。
客に対してもお構いなく差別的だ。

バスに乗っていてもアジア人の男は女性から結構差別的な態度を受ける。

サント・ドミンゴのチャイナタウンBarrio Chino

サント・ドミンゴにはBarrio Chinoと呼ばれるチャイナタウンがある。

中華料理と一緒に食べるドミニカのビール「プレジデンテ」はとてもおいしい。

f:id:Tennessee-whiskey:20171028193206j:plain
サント・ドミンゴの中華料理店にて

中華料理の材料だけでなく、なかなか手に入りにくい日本の食材も一部扱っている。
中にはカレールーなどが手に入る店もある。
興味がある人は一度行って見てください。

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com


海外でスマホ使うならポケットWifiレンタルは必須!

持つだけで海外旅行保険が自動付帯になる年会費無料のカード!
海外のサポートデスクで日本語対応可なのでトラブルでも安心

海外ツアーなら信頼のJTBがおすすめ

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。