タイ航空の評判 利用した感想まとめ エコノミークラスの感想は?機内食はどう?座席は狭いの?

f:id:Tennessee-whiskey:20180824201641j:plain

日本人にも大人気の旅行先、タイ。
食事も美味しく、街で遊ぶのもビーチも楽しいので旅行者は多いですね。
タイに行く時にタイ航空を利用するという方も多いですが、まだ利用したことのない人にとってはタイ航空の接客、機内サービス、安全性等が気になるところでしょう。

タイ国際航空は1959年設立以来、バンコクを基点として30カ国60都市以上を結ぶタイランドのナショナルフラッグキャリアです。日本では1960年に東京(羽田)線を開航しました。
タイ国際航空のインフライトサービスには”微笑みの国”と呼ばれるタイランドの人々が伝統的に持つ暖かいもてなしの心が生かされています。
客室乗務員はタイの民族衣装に身を包み、”ワイ”(タイの伝統的な合掌する挨拶)で乗客を迎えてくれます。女性客全員にはオーキッドの生花で作られたコサージュもプレゼントしてくれます。
そんな暖かいサービスが人気のタイ国際航空。

それだけでも興味をそそられますが、今回は、実際にタイ国際航空を利用した方にアンケートを取り、口コミや感想を調査してみましたので、ぜひ参考になさってください。


タイ航空の評判

大阪からバンコク
タイ航空の利用は初めてでしたが、搭乗の感想としてはまた利用したいです。2016年の夏に利用しました。バンコクからロンドンまでの便では2階席のエコノミーを利用し、あまり乗客がいなかったためか、ゆっくり休むこともできました。印象深いのは、機内の色が紫基調でカラフルだった覚えがあります。深夜の便で、早朝バンコク到着だったのですが、朝のバンコクではタンブンという文化があり、道端でお坊さんからお祈りをしていただいたり、とても貴重な体験でした

福岡からバンコク
想像以上のおもてなしサービスで快適でした。客室乗務員の民族衣裳も素敵ですし、機内食の美味しかったのを覚えています。何度か利用しましたが最近は、料金が高めで利用出来ておらずとても残念です。航空連合のスターアライアンスのメンバーでもあるので、マイルも必ず貯めています。次回は、ヨーロッパに行く際は利用できるように頑張って働きタイ航空で旅行に行きタイです。

関西からバンコク
飛行機の中は、色がド派手な印象が強かったです。イメージカラーなのか、紫と濃いめの紫がかった赤の2色がメインカラーとして座席などに使われていれ、乗りたてのときは落ち着かなかったです。それから、タイ航空はとにかく寒かった思い出があります。飛行機というよりは空港が非常に寒くて辛い思いをしたので、上着を持って行くのがおすすめです。

大阪からバンコク
乗った瞬間エキゾチックな雰囲気で客室乗務員さんの民族衣装の制服に、濃いめのバッチリメイクを見て海外に来たのだと感じました。ビジネスクラスでは香りのついたお手拭きが出されました。サービスも丁寧で、食事も美味しかったです。タイ航空はアジア系エアラインなので、客室乗務員さんが丁寧でとても好感が持てました。バンコクまでのフライトでしたがゆっくり出来ました

バンコクからシンガポール
タイ航空はそのタイの航空会社ということで、タイのエンターテイメント(映画、ドラマ、バライティー番組)が充実しているのは良い。機内食について乗る便によって当たり外れが大きい。また、短距離便はスワンナプーム空港内での沖どめが多く、手荷物が多い時などは不便を感じることも多い。また、スワンナプーム空港内でのタイ航空国際線チェックインカウンターはかなり混雑する。



大阪からバンコク
タイ航空の機内でのサービスレベルは、日本の航空会社とほぼ同じレベルだと思います。機内食は日本出発の時は、それなりに美味しかったですが、タイから帰国する時は正直あまり美味しくなかったです。ただし、帰りの機材が総二階建てのA380だったので、座席の前後幅も少し広めで寛ぐことが出来ました。CAさんは、これはお国柄だと思いますが、化粧が濃い目で、化粧か香水が分かりませんが、近くに来ると結構匂いがするので、気になる方もおられるのでは、と思いま

中部国際空港からバンコク
イ航空を利用してバンコクに行きました。エコノミークラスでも機内のエンターテイメントがしっかりとしているので、長時間フライトでも快適に過ごすことができました。機内食も日本で作られているためか、とてもおいしく食べることができました。価格面でもう少し安ければもっと積極的に利用したい航空会社だと思います。

大阪からバンコク
タイ航空での機内食ではガパオライスなどタイの料理が食べられるところが良かったです。しかし日本の音楽や映画の種類が少なくあまり楽しめなかったため、もう少し種類を増やして欲しいと思いました。また、映画を観ていると途中で止まってしまい始めからになってしまうことがあり、他の航空の飛行機に乗ったときにはそのようなことはなかったのでそこが残念だと思いました。

成田からバンコク
機内全体がタイ航空のオフィシャルカラー?である紫で統一されていてびっくりした。タイ航空ではシンハービールをドリンクで選ぶことができたので、タイに行く前からタイ気分が出来た。また機内食がまずいのではないかと不安だったが、普通に美味しくてびっくりした。CAさんの制服もとてもかわいくて、一緒に写真を取ってもらった。

バンコクからプーケット
機内はパープル色の強いカラーで、色合いから上品な印象を受けました。フライト中は、揺れても慌てず、絶えず微笑む客室乗務員の姿に安心感を覚えました。流石、ANAも加盟しているスターアライアンスメンバーのエアラインだと実感しました。僅か1時間程度のフライトでしたが、軽食の割にボリューム感あるパンにおかずと、満足できるおもてなしでした。また、外資系航空会社は大幅な遅延は当たり前のイメージがありますが、タイ航空は日本の航空会社と同様に遅れを取り戻す為に、使用機材を変更する工夫が行われていました。お陰様で、自分のスケジュールが狂うことなく過ごす事ができました



羽田からバンコク
よくANAとの共同運航便の際に搭乗します。チェックインカウンターではANAで地上スタッフもANAです。しかし機体、クルー、機内食、サービスはタイ航空で、ANAの雰囲気は全く感じませんでした。機内オーディオは日本語プログラムもあり、日本語字幕も出るので楽しめます。クルーも清潔感あり、かといって日本のクルーより和やかで親しみやすい印象です。機内食はあんまり美味しくないです。そして機内の雑誌、免税品はあまりセンスがあわないのか、やはり日系の飛行機の時の方が好きな商品があります。全体的にはまた乗りたいとおもう航空会社です

中部国際空港からスワンナプーム
以前、友人家族とタイ航空を利用してタイ旅行に行きました。行きは問題なく現地に到着して充実し、帰りの空港で事件が起きました。私たちは時差を勘違いしており、空港に到着してから航空券をカウンターで渡すと「イエスタデー」と言われ乗る予定だった飛行機が昨日旅立っていました。顔面蒼白になりながら日本語がほとんど通じないため、英単語を並べて訴えたところ、必死に聞こうと何名ものグランドスタッフさんが対応して下さり、直ぐに今から発つ便のビジネスクラスなら3席空いている。と言われ価格も3万円プラスで乗せてくれました。急いで手続きを行い、スタッフの方々も空港を案内してスムーズに搭乗できました。料理も寝心地もスチュワーデスさんの対応も最高で、何度も様子を伺いに来てくれました。素敵なサービス精神に泣きそうになりました。また乗りたい。そう思わせる良い航空会社だと感じました。

バンコクからパリ
バンコクからパリへタイ航空を利用しました。海外航空会社の長距離路線では食事がメインの楽しみになりますが、辛さの調節されたタイ料理(タイカレー、パパイヤサラダ、パン、果物)が提供されました。このタイカレーが非常にビールと合っておいしかったです。微笑みの国と言うだけあってキャビンアテンダントの方も笑顔を絶やさず接客してくれ、気持ちよく利用出来ました。薄紫色の制服ですが、とても短いタイトスカートを履いている方もおり、ついつい目で追ってしまいます。

成田からタイ
タイへの旅行の際にこのタイ航空を使いました。シートが新しく綺麗だったこと、機内食がとても充実していたことで、少し長いフライトも退屈することなく過ごすことができました。機内食は和洋、タイ3種類から選ぶことができました。私はタイ料理を選びましたが、本格的なタイ式の料理が振舞われ、前菜やデザードなども美味しかったです。

名古屋からバンコク
タイ航空は機内に入った瞬間から、タイに到着したような気分にさせてくれます。紫を基調としたフライトアテンダントさんの制服、タイの香りがする機内(MASCAのコロン)、南国気分が盛り上がります。ビールはもちろんシンハビールです。ほほえみの国というキャッチフレーズ通り、スタッフは皆さん素敵な笑顔で迎えてくれます。

タイ航空に乗るならH.I.S.で予約がおすすめ

なぜH.I.S.で予約がオススメかというと、H.I.S.で海外航空券を予約しておけば、現地の支店でサポートを受けることができます。

慣れない海外で、困った時にも支店に駆け込めば大抵何とかなります。

日本語ができるスタッフがほとんどの場合どこの国でもいるので安心ですよ。

また、H.I.S.では海外航空券とホテルをセットで予約すると激安になるプランも用意されています。

ですからタイ航空の航空券を予約する場合でもH.I.S.で予約がおすすめです。

下記の公式ページから現在の航空券の最新の価格をチェックして見てくださいね。

▶︎▶︎H.I.S.の航空券のセール情報

www.tabinoblog.com

www.tabinoblog.com

当ブログの内容には正確性を期すように努めていますが、最新の情報と異なる場合がございます。当ブログ情報の利用はよくご確認の上、利用者の皆様一人一人の自己責任で参考にしていただきますようお願い致します。当ブログにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねます。内容の無断転載及び無断転用は固く禁じます。当サイトからリンクするサイトをご利用された場合に生じる損害について一切の責任を負いかねます。