一人暮らしの掃除はしんどい!対策は?

一人暮らしの部屋の掃除って、家事の中でもとてもしんどいですよね。
特に一人暮らしの場合「今日片づけなくてもいいかな」「別に誰かが来るわけじゃないし」という言い訳を作って、片付けを先延ばしにしてしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、発想の転換をしてみてはいかがでしょうか。
一人暮らしだからこそ、掃除も自分でするのではなく、便利なものを活用してみるのです。
少しでもしんどさを解消する工夫はとても大切!
中には便利なものに頼ることを「ぐうたら」という人もいますが、便利アイテムは「時間を有意義に使うため」の有効な手段なのです。

時代の流れと共に、時間の使い方も変わってきます。
1日かけて掃除をするのは、年末の大掃除だけで十分ではないでしょうか。
日頃の掃除は時間を上手く使えるよう、まずは時短アイテムや時短サービスを活用していきましょう。

ルンバ等の時短グッズに頼る

掃除の時短グッズと言えば「ルンバ」などのお掃除アイテムです。
電源を入れて、そのまま放置をすれば勝手に掃除をしてくれます。

仕事が忙しい一人暮らしにとって、帰宅後から家事をするのはとても大変です。
休日も疲れを癒したりしなくてはいけません。

仕事に家事、家のことでほとんど時間を取られてしまいます。
そのため、自分の時間を持つ暇がなくなってしまうのです。
家事に関する便利グッズを取り入れることで「家事に追われる」という感覚がなくなり、忙しいながらもある程度余裕のある時間を過ごすことができます。

自分の時間を取ることができない生活は、ストレスが溜まってしまい、さまざまな悪影響を及ぼします。
そうならないためにも「ぐうたら」ではなく「時間を有意義に使うため」に、便利家電グッズを取り入れましょう。

家事代行が最強

便利なルンバですが、ある程度部屋が片付いていないと使えないケースがあります。
男女問わず片付けが苦手な人も珍しくありません。
また、ある程度部屋が広くないとあまり意味がないというデメリットもあります。

そこで、片付けの最終手段として家事代行サービスを使いましょう。

家事代行サービスは、その名の通り、家事に関することを何でも代行してくれる業者です。
買い物、掃除など何でもしてくれます。
1時間ごとに決められた金額が設定されていて、その時間内であれば買い物と掃除を両方お願いすることも可能です。

近年は一人暮らしの人が、掃除をしてもらうために家事代行サービスを依頼することも増えています。
依頼する相手は家事に関するプロなので、てきぱきと家事をしてくれます。
男性の一人暮らしの場合は、掃除だけではなく料理をしてもらう人もいるほどです。

ただ、家事代行サービスは最終手段として考えた方がいいでしょう。
その理由は家事代行費用、買い物費用を、当然ながら自分で負担をしなければならず、金銭的な負担が大きくなってしまうためです。
自分では大変なことを他人にしてもらうので、費用が大きくなるのは当たり前かもしれません。
毎回家事代行サービスを依頼していると、1ヶ月でかなりの金額になってしまいます。
依頼料分の仕事はしてもらえますが、よほど裕福な家庭ではない限り、家計がかなり苦しくなるでしょう。

あと、気をつけなければいけないのは、家事代行サービスと言ってもしてもらえることに制限がある場合です。
例えば、掃除はするけど料理はダメ、買い物はするけど掃除はダメなど、こういった業者も珍しくありません。
依頼してからできないでは困るので、依頼をする前に何が出来て何がダメなのかをしっかり確認しておくといいでしょう。

特に掃除は盗難などのトラブルを防ぐためにNGにしているところもあります。
ただ、掃除NGはごく一部なので、ほとんどのところは対応してくれるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました