夜景も自由の女神も見れる!スタテン島へのフェリーはなんと無料!!夜景が見れるナイトクルーズ

未分類

ニューヨークのシンボルといえば自由の女神ですよね。

自由の女神へのツアーはとても人気がありますが、この記事ではお金がなくても自由の女神も夜景も見られるクルーズに参加できる裏技を紹介します。

ニューヨークで自由の女神を見るには

ニューヨークといえば自由の女神を思い浮かべる人は多いはず!

でも自由の女神に会いに行くツアーは結構高い!カップルで行ったらそれだけで1万円くらいの出費になります。
時間も結構かかるツアーが多いです。

ただで自由の女神を見るならスタテン島フェリーに乗ろう

ここでサクッとクルーズしながら自由の女神に会いに行けるのが

スタテンアイランドフェリー!!

スタテンアイランドの住民がマンハッタンへの通勤に利用するのが主な運営目的でもありますが観光客でも何の問題もなく利用できます。
それも24時間営業 1日104往復も発着してます。

↓詳しいフェリーのスケジュールはこちら

www.siferry.com

サンセットクルーズもマンハッタンの夜景クルーズもできちゃいます。
そして最大の魅力はタダなこと!!
自由の女神も見れて摩天楼の夜景も見れてタダとかすごいですよね。

スタテン島フェリー乗り場への行き方

地下鉄 South Ferry駅 でおります。

そこにフェリーターミナルがあります。

ターミナルにはカフェバーなどもあってカクテルやビールも飲めます。

無料Wifiありです。

スタテン島~マンハッタン間フェリーの楽しみ方

フェリーに乗ったらまずフェリーの後ろに向かいます。階段で上まで行き、フェリーの後ろまで行って後方デッキのドア開けると・・・・。見えるのはマンハッタン島と自由の女神のビューティフルな光景!

僕のコンデジでも望遠にすれば大きめの自由の女神の写真が撮れました。

午後14時頃フェリーに乗ったのですが、観光客でいっぱいでしたよ。
乗船時間は片道25分くらい
スタテン島へ着いたら、特にすることもないので一度下船して、その後帰りの船に乗ればOK!

乗船はくれぐれも通勤ラッシュの時間を避けてくださいね。
スタテン島はマンハッタンに勤務している人たちのベットタウンだから。

人口は約50万人弱くらいだそうです。

観光用のクルーズだと

スタテン島フェリーは無料で利用できるうれしいサービスですが、本来の目的は主にサラリーマンたちの移動手段ですから、やはり観光船とはちがい目的地に1直線なんですね。

せっかくニューヨークに来たからには多少お金を出してでも、自由の女神にもっと近づいたり、夜景クルーズを少しでも長く楽しみたいという方にはやはり観光を目的としたクルーズ船の利用をおすすめします。

値段の安いクルーズ船

下記の船はとても値段がリーズナブルで利用しやすいです。体験談から参加者の写真も見れますよ。

▶︎デイクルーズ 自由の女神周辺を1時間ぐるり! サークルラインリバティー島周遊クルーズ<午前・午後/クルーズ1時間/1名参加OK>
icon

2時間で夕日と夜景両方が見られるサンセット&ナイトクルーズもあります。

▶︎マンハッタン島サンセット&ナイトクルーズ<クルーズ2時間/1名参加OK>
icon

個性的なクルーズ船もたくさんあります。

夜景を見ながら食事ができるディナークルーズ

120ドルくらい払うとディナークルーズにも参加できます。

▶︎3コースディナークルーズ
icon

帆船でのクルーズ

ニューヨーク随一の帆船、クリッパー号でのクルーズもあります。
バーでお好きなお飲み物を注文できますし、広いデッキでゆったりとした時間を楽しむことも。
ちょっとしたクルー体験ができることもあるようです。

▶︎帆船クリッパーシティ号で行く! マンハッタン島トワイライトクルーズ<4~10月/夕方/クルーズ2時間/1名参加OK/>
icon

DJクルーズ

DJがプレイする船で夜景とともにカクテルなどのお酒が飲めるクルーズもあります。
船がガラス張りのすごいいい感じ。
日本ではなかなかできない体験ですね。

▶︎アフター5から始まるDJパーティークルーズ<4月~12月/クルーズ2時間>
icon

マンハッタンの反対側、ブルックリンブリッジパークから見る夜景もいい感じですよ。

ブルックリンブリッジパークからはこんな感じの夜景が撮れました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました