札幌市で歩きで配達するUber Eats のUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)は可能?

札幌市 Uber Eats

今話題のUber Eats(ウーバーイーツ)。
本業や副業で配達員になる参入者が増えていましたが、最近特に話題を集めたのが歩いて配達できる「Uber ウォーカー(ウーバーウォーカー)」の導入です。

初めは東京23区で試験運用という形でしたが、その後2021年9月22日頃に東京23区で正式採用となりました。
そしてさらに全国21の地域で試験運用が始まることになり「Uber ウォーカー(ウーバーウォーカー)」が全国的に拡大しています。

▶︎Uber ウォーカー(ウーバーウォーカー)の対応地域の範囲

札幌市でUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)は利用可能?

徒歩

この記事を執筆している時点では、残念ながら札幌市はUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)の範囲ではないんです…。
よって歩いて配達することはできません。

ご存知かもしれませんが、札幌市の人口は令和3年9月1日現在1,975,476人とかなりの人口がいます。
実は札幌市の人口は名古屋市に次ぐ人口を有しており、福岡市よりも多いんです。

こんなにも人口が多いのに札幌市はUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)の範囲にならなかったのがちょっと意外でした。

なぜ札幌市は歩いて配達できないの??

ウーバーイーツ

2021年9月22日に徒歩配達の試験運用が開始した地域には、三重県四日市市や愛媛県松山市、高知県高知市というように札幌市と比較するとかなり小規模な都市もたくさん含まれています。

なのに札幌市は徒歩配達のエリアから除外…

北海道だからでしょうか?
札幌市は自転車、バイクの方が配達の効率が良いから、徒歩では配達させてもらえないんでしょうか??

徒歩配達のメリットは

タワマンやオフィス街などで配達がしやすいですし、
歩道橋が渡れたり、坂道で自転車を漕がなくてもよかったり、
自転車やバイクの置き場を探さなくてもよかったり、
自転車を盗まれる心配もいらないので、鍵を開けたり、掛けたりする時間も必要ないですし、

メリットはいろいろあります。

歩いて配達する方が交通事故に遭う確率も少ないと思いますし、雨が降ったら傘を差して配達できますよね。
北海道は雪が降るので、積雪時なども自転車ではなく歩いて配達できるのはかなり助かるのではないかと思うのですが…。

とりあえず今のところ宮城県の仙台市まではUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)が始まっていますので、なんとかそのまま北上して札幌市でも歩いて配達ができるようになるといいですね。

1日も早く札幌市でUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)が開始されることを願っています!

最新のUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスに関する情報はUber Eats(ウーバーイーツ)のニュースルームにてチェックしてみてくださいね。

▶︎Uber ニュースルーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました