ティファナの治安は昼は安全⁈夜は危険⁈実際に国境を越えてメキシコに日帰り旅行に行ってみた感想。観光のおすすめは?

未分類

※更新情報
2019/4/1 現在 外務省 海外安全ホームページより、ティファナ市は「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」との勧告が出されています。

海外安全ホームページ: 危険情報詳細

(1)バハ・カリフォルニア州ティファナ市
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。
複数の犯罪組織の対立によるものと見られる多くの殺人事件が発生しています。窃盗・強盗等の犯罪も増加し,情勢は流動的です。2017年には,国内で最も多くの殺人件数を記録しました。

下記レポートは2014年のものです。
最新のティファナの様子ではありませんのでお間違いのなきようご注意ください。

治安悪化に伴いサンディエゴから、ティファナへの多くのツアーも停止しているようです。
治安が回復すれば再開されるかもしれません。

以下2014年のレポート:


サンディエゴからトロリーで行けるティファナ。
気軽に行けるメキシコの町として人気がありますね。

めっちゃ大きいメキシコ国旗

行ってみたいけれど、ティファナの治安が心配と言う方も多いかもしれませんが、昼間に行くのは全く問題ないのではと感じました。(個人的な感想です。)

ロサンゼルスに在住していた日本人とティファナについて話すと「危ないから行くな」とか言われたこともあったのですが、行ったこともないのに過敏に反応しすぎな感じも見受けられます。(当時は)

ティファナの治安は昼は安全そうな感じ

実際にティファナに行ってみると明るくて陽気で犯罪の匂いは全く感じられませんでした。
観光のメインとなっているレボルシオン通り周辺の繁華街を歩いている限りは治安の面で問題はないと思います。


マルガリータを注文。これで2.8ドル

タコスのお店に入りました。
メニューもしっかり値段が明示されていて明朗会計。
店のお兄さんも親切でぼったくる感じもなく。
美味しかったのでチップを渡したらすごい喜んでくれましたよ。

サンディエゴに比べるとすごい物価が安いです。

アメリカ人も結構ティファナに遊びに来ている感じです。
特に医薬品とかは安いようで、よく看板が立っており、アメリカ人が買い物にくるようです。

ティファナからアメリカに戻る時はアメリカ人はスムーズに待ち時間もなく入国できるのですごく羨ましいですね。

アメリカ人でないと行列に3時間くらい待つ羽目になります。

ここで並んでいると様々な客引きが寄ってきたりします。
本を売りにきたりとか。
でも、しつこくなく悪質なのは無い感じでした。

ティファナの夜は危険⁈


アメリカとメキシコの国境

地球の歩き方には夜は雰囲気が様変わりすると書かれていました。

実際ネットの情報を見ていると危ない目に遭った方も多いようですが、ほとんどが夜の出来事ですね。

ティファナ観光のおすすめは?

ティファナ観光ですが、おすすめといっても特に派手な観光地がある訳ではありません。

私のように、タコスを食べたり、マルガリータを飲んだりするなどのメキシコ料理を楽しんだり、

銀細工やメキシコ風の帽子などのメキシコ土産を物色するなどのショッピングが中心になると思います。

とりあえずメキシコに行ったよ!という事実が欲しい人が行く感じなんでしょうかね。

昼間の楽しみ方としてはそんな感じだと思います。

アメリカ人は医薬品が安いので、国境を越える買いに来るそうですが。

不安ならガイド付きツアーで

今回私は男友達と2人で個人でサンディエゴからティファナまで日帰りで行ってきたのですが、個人で行くのが不安という方はガイド付きのツアーを利用するといいと思います。
下記は1人でも参加できるので安心です。

▶︎メキシコ・ティファナ半日観光ツアー<午前/日本語ガイド>
icon

こちらは午後のツアーです。英語ガイドだと少し料金が10ドルくらい割安になります。

▶︎メキシコ・ティファナ観光ツアー<午後/英語ガイド>
icon

まとめ

私が行った時には個人的に行って感じたティファナの雰囲気は昼の観光は個人で行ってもさほど不安は無いかなと感じました。

ちょっと治安に不安のある地域を旅するときにまず被害に遭いやすいのが盗難です。

下記の記事でしっかり盗難対策をして現地へ向かってくださいね。

治安状況は時に応じて変わりますので、外務省のHPで確認して渡航する必要があります。

▶︎海外安全ホームページ: 危険情報詳細

やはり、現地に詳しいガイドと共に行くのが安全かもしれません。

くれぐれも渡航は自己責任ですのでご注意ください。

最新版の地球の歩き方は治安に関する情報量も多いので一冊持っていると心強いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました