Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーに登録するメリットを一挙解説します

Uber Eats

最近街中でよく見かけるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー。

他の仕事とどのように違うのか気になっている…という方もおられることと思います。

今回はUber Eats の配達パートナーに登録するメリットを解説していきたいと思います。

Uber Eats は個人事業主として働く仕組み

よく誤解されがちなのですが、Uber Eats の配達パートナーは一人一人が個人事業主として自立した存在です。

ですからUber Eats に雇われているわけではありません。Uber Eats から配達を請負いそれを行うことにより報酬をもらう仕組みです。

自立した自営業者として自分でいろいろと工夫しながら仕事することにより効率よく報酬を得ることができるようになりますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーのメリット

では具体的に配達パートナーとして配達することにどのようなメリットがあるのか考えていきましょう。

1.好きな時に仕事ができる

例えばコンビニのバイトだとシフトを提出したら、その通りに出勤しなくてはいけません。
前日に友達から遊びに誘われても、出勤だからということで断らなくてはいけませんよね。

でもUber Eats で配達をする場合は自分で仕事の予定を自由に組み立てることができます。

アプリを稼働させたら配達を受けることができますので、Uber Eats の営業時間内であれば好きな時に仕事をすることができますよ。副業として隙間時間に報酬が欲しい人にも、本業としてガッツリ稼ぎたい人にもおすすめのお仕事です。

そして月に何時間配達しなくてはいけないとか、何回配達しなくてはいけないというようなノルマも一切ありません。

スケジュールの自由度が非常に高いのが強みです。

2.週払いで報酬を受け取れる

月に一度しか振り込みがない仕事も多いですが、Uber Eats の場合報酬は週払いで受け取ることができます。

振り込み日が多いということで、それだけお金のやりくりもしやすくなりますね。

生活の質も上がることと思います。

3.エリアがどんどん広がり成長真っ盛りの業界

世の中には成長が止まり縮小していく一方の仕事もあれば、どんどん成長していく途上の仕事もあります。

Uber Eats はまさにこれからどんどん成長していく業界だと言えます。

Uber Eats のエリアもどんどん日本中に広がっていますし、飲食店の加盟店も増えています。
またスーパーマーケットやFrancfranc(フランフラン)のような雑貨やエディオンのような電気店(試験的ですが)のように飲食店以外の加盟店も増えています。

まさに伸び盛りの業界ですからこれからの仕事も期待がもてますね。

Uber Eats のサービスが行われているエリアは日本のいろいろな場所にありますから、例えば名古屋から東京に引越しをしても新しい仕事を見つけるために履歴書を書いたり、面接を受けたりと奔走することなく、その日から新しい土地でUber Eats の仕事を開始することができます。

中にはUber Eats の配達パートナーをしながら日本一周中の方もおられますよ。

どんどん成長していく業界でこれまでにない自由度の高い働き方ができるのがUber Eats の配達パートナーになるメリットです。

登録は非常に簡単ですのでぜひ一度チェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました