Uber ウォーカー(ウーバーウォーカー)の対応地域の範囲と登録のやり方

ウーバーイーツ Uber Eats

自転車やバイクなしで気軽に配達できると今話題のUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)。
最初は東京23区だけでの試験的な稼働でしたが、2021年9月22日から東京でのUber ウォーカーは正式稼働になりました。

また日本全国の様々な地域でUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)が試験的に稼働することが決定しました!

Uber ウォーカー(ウーバーウォーカー)できる地域

21都市でUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)が開始され、徒歩で配達できるようになりました。
9月22日に試験運用が開始されたUber ウォーカー(ウーバーウォーカー)対応地域は下記の通りです。

東北地方

仙台

仙台市(宮城県)

関東地方

横浜

宇都宮市(栃木県)
横浜市(神奈川県)

東海地方

名古屋

静岡市(静岡県)
名古屋市(愛知県)
四日市市(三重県)

関西地方

大阪

京都市(京都府)
大阪市(大阪府)
神戸市(兵庫県)
奈良市(奈良県)

中国地方

広島

岡山市(岡山県)
広島市(広島県)

四国地方

高知

高松市(香川県)
松山市(愛媛県)
高知市(高知県)

九州地方

福岡

北九州市(福岡県)
福岡市(福岡県)
佐世保市(長崎県)
熊本市(熊本県)
宮崎市(宮崎県)
鹿児島市(鹿児島県)

これらの地域で徒歩配達が活発に行なわれて、東京につづいて正式採用されるといいですね。

▶︎Uber Eats 配達パートナープログラム

徒歩配達の登録のやり方は?

徒歩

これから新しく登録する配達パートナーは、「ウォーカー」オプションのみを選択すれば、自転車を持っていなくても Uber Eats での配達を始めることができますよ。

Uberウォーカーを選択しよう!引用:uber.com

Uber ウォーカー(ウーバーウォーカー)ってバイトじゃないんでしょ?

登録のやり方が難しそう…

と思っている方もいるかもしれません。

でも実は登録のやり方はとても簡単なんです。

下記リンクからサイトにアクセスして、指示に従って顔写真・身分証や銀行口座を登録していくだけ!

▶︎Uber Eats 配達パートナープログラム

バッグはAmazonで簡単に購入できますよ!


Amazonで見る

徒歩なら雨でも傘を差しながら移動できますから、悪天候時でも移動しやすいですね。

また駐輪場に自転車を停めることや、自転車が盗まれる心配もしなくていいので、オフィス、マンションの多い都市でも気軽に始めることができるのではないでしょうか。

さらに自転車やバイクに比べ交通事故に遭う確率もすごく少なくなると思います!
また徒歩配達でもUber Eats の対人・対物賠償責任保険及び傷害補償制度が適用されることになっています。

保険料はUber Eats が払っているので配達員はお金を払う必要がないんです。
これはかなり安心ですね。

出前館やDiDiFoodなどでは現時点では徒歩配達はまだ始まっていないと思いますから、UberEatsだけの徒歩配達を早速いろんな地域で始めて見られてはいかがでしょうか!

バイトではなくUber Eats は個人事業主として配達

よく誤解されがちなのですが、Uber Eats の配達パートナーは一人一人が個人事業主として自立した存在です。

ですからUber Eats に雇われているわけではありません。Uber Eats から配達を請負いそれを行うことにより報酬をもらう仕組みです。

自立した自営業者として自分でいろいろと工夫しながら仕事することにより効率よく報酬を得ることができるようになりますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達パートナーのメリット

では具体的に配達パートナーとして配達することにどのようなメリットがあるのか考えていきましょう。

1.好きな時に仕事ができる

例えばコンビニのバイトだとシフトを提出したら、その通りに出勤しなくてはいけません。
前日に友達から遊びに誘われても、出勤だからということで断らなくてはいけませんよね。

でもUber Eats で配達をする場合は自分で仕事の予定を自由に組み立てることができます。

アプリを稼働させたら配達を受けることができますので、Uber Eats の営業時間内であれば好きな時に仕事をすることができますよ。副業として隙間時間に報酬が欲しい人にも、本業としてガッツリ稼ぎたい人にもおすすめのお仕事です。

そして月に何時間配達しなくてはいけないとか、何回配達しなくてはいけないというようなノルマも一切ありません。

スケジュールの自由度が非常に高いのが強みです。

2.週払いで報酬を受け取れる

月に一度しか振り込みがない仕事も多いですが、Uber Eats の場合報酬は週払いで受け取ることができます。

振り込み日が多いということで、それだけお金のやりくりもしやすくなりますね。

生活の質も上がることと思います。

3.エリアがどんどん広がり成長真っ盛りの業界

世の中には成長が止まり縮小していく一方の仕事もあれば、どんどん成長していく途上の仕事もあります。

Uber Eats はまさにこれからどんどん成長していく業界だと言えます。

Uber Eats のエリアもどんどん日本中に広がっていますし、飲食店の加盟店も増えています。
またスーパーマーケットやFrancfranc(フランフラン)のような雑貨やエディオンのような電気店(試験的ですが)のように飲食店以外の加盟店も増えています。

まさに伸び盛りの業界ですからこれからの仕事も期待がもてますね。

Uber Eats のサービスが行われているエリアは日本のいろいろな場所にありますから、例えば名古屋から東京に引越しをしても新しい仕事を見つけるために履歴書を書いたり、面接を受けたりと奔走することなく、その日から新しい土地でUber Eats の仕事を開始することができます。

中にはUber Eats の配達パートナーをしながら日本一周中の方もおられますよ。

どんどん成長していく業界でこれまでにない自由度の高い働き方ができるのがUber Eats の配達パートナーになるメリットです。

登録は非常に簡単ですのでぜひ一度チェックしてみてくださいね。

▶︎Uber Eats 配達パートナープログラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました